« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月31日 (日)

千葉の高級住宅街

 8月と9月に千葉の市川の税理士会からお声がかかり2回に分けて信託の税制の研修会の講師をしています。

 8月は基本編で9月は基本編+応用編で、今まで経験したことや相談を受けたことに基づいて話しています。

 

 今回はじめて千葉の市川市にお邪魔したのですが、案外近いですね。都営三田線+新宿線を使ったのですが、ひたすら座っていて するーっと到着。

 

 8月の研修会後のお食事会で、千葉の高級住宅街を見物して報告をすると宣言しましたのでこの土曜日にでかけました。そこは、市川から京成電鉄に乗って一駅。名前は「菅野」(すがの)といいます。税理士の人たちに菅野はなーんにもないですよといわれてそんなことはないでしょと思って駅を降りましたが、ほんとうになーんもありません。コンビニもありません。いきなり住宅街。それも戸建てばっかし。低層マンションもない。いま駅前からやたら細長い敷地で日の出学園の建設をしているのですが、目につくのはそれだけ。店屋はあるかとずーっとまっすぐ歩くと外環にぶつかり、やっとあるかとみるとぽつんとファミレスが。。 そこで昼飯食うかと一瞬思いましたが、なぜ、このファミレスで飯を食うのかと考えると答えが見つからなかったので、しゃーないなーと思ってとぼとぼと戸建の住宅街を歩いて帰りました。

 

 歩いていると戸建の売りがでていて値段が3,980万円くらいだったか。安い。。。最近、都心はバブルで、たかだか60㎡くらいの中古マンションが1億円はしますし、それがスーッと売れたりするんで、この戸建の値段をみたとき あれ、これって関西とあんましかわらんなあと。

 

 不思議と私は千葉の仕事にご縁があるのですが、私の父方の祖先が千葉で御典医やってたらしいからご先祖様のお導きかもしれません。墓参りを頻繁にしている効果か。

ということで、9月もよろしくお願いします♪

 

| | コメント (23)

2014年8月20日 (水)

AERA Business English

 久々にAERA(朝日新聞が出してる雑誌)を買いました。表紙に英語は気持ちが9割。ハダカのイケメンが載ってます。

 

 イケメンにつられて買ったのではなく、私の英語の師匠である大島さくら子さんが載ってるから。大して上達もしていないのに去年から2コマ受講しています。以前からのコマもかなりレベルが高いクラスですが、去年から始めたクラスはTOEICの平均が900は軽く超えてるようなやつで、完全な落ちこぼれですが気にせず通ってます。1コマより2コマの方がプレッシャーと英語に接する機会の増加で少しは伸びるような感じがします。

 

 さて、この雑誌での師匠の原稿のタイトルは「ビジネス英語の上達に明確な目標を持って読む」

 

 小見出しは

「英語の上達は時間に比例する」横着して短時間で急激にアップなんてありはしない。数こなせ。昨日まで泳げなかった人が急に泳げることはないでしょ。

 

「インプットなくしてアウトプットなし」使えないのは普段から練習してないから。読むだけだめ 声に出して何度も繰り返せ!

 

「語学クラスの選び方独学ツールの活用法」 今の世の中DVDにビデオもテープも電子辞書もあるでしょ

 

「英語をマスターしてその先に何をしたいか」そ、これだよね。いままでおカネを使って勉強したけど伸びなかったのは、なぜ英語をマスターしないといけないのかというゴールがあまりにもみえなかったから。でも1年くらい前になってようやっとゴールがみえてきたかなと。

 

 で、師匠の凄いところは毎年1冊は本を書いているところかな。今回は「前置詞の意味と使い分けがわかるマスターブック」私を含めて日本人の英語の文法上の弱点は前置詞や冠詞の使いこなしがどへたで無視していること。それでも通じるじゃん♪ それじゃだめなんですと授業で私がリテンション(英文聞いて、頭で記憶して、言ったことをくりかえしてみる)するときに 前置詞とばしてるとか違ってるとかしばしば指摘されますから。そんな前置詞の用法が1冊丸ごとの著書ですね。

 

| | コメント (0)

2014年8月15日 (金)

1年半ぶりのPCクラッシュ

 今、生活や仕事の心臓部分がPCになっていて、ここが動かなくなったら生命体としては存在しますが、社会的存在としては瞬間で消えてしまいます。

 

 だいたい、1年半か2年くらいの周期でこのPCが突然つぶれます。先週、突然、電源がつかなくなってしまいました。でも、この1週間、ブログ更新したり、メールで仕事の連絡をさくさくしています。これはなぜかというと、過去の痛い経験から2台のPCを置き、メイン機がつぶれたらセカンド機を使うとしているから。だから、今回もカレントの作業は流れているのですが、今まで以上に突然の故障だったのでバックアップができておらず、あーどーしよう状態。他の方からいただいたデータをこちらで調整して成果物を作るような場合は、飛ぶと怖いのですぐバックアップを取るのですが自分自身で完結する作業のバックアップは遅れる傾向にありますね。

 

 私のPCは、ずーっとパナソニックのレッツノートでして、これは今となっては高額のPCですが、すぐ修理の対応してもらえるということで使ってます。今回も宅急便さんが運んでくれ、あとは携帯とPCでやりとりだけ。日頃の不摂生で水が入り、基幹部分が腐食していたらしい。それで修理の値段を聞いたら10万円以上する!!! わー修理やめよーかなと思ったのですが、データが生き残っているらしいので即OK.。 ワードやエクセル、で私がぼそぼそ作ってるやつがほとんどなのであり、他の人から見たらどこに価値があるの理解してもらえないと思いますが、しょーもなさそうなデータの中に飛ぶと重大な支障をきたすやつがあるものです。

 

 今月は、家賃の更新で更新料も発生するし、予想外のキャッシュアウトでちょーきびしい、前回、PCが飛んだときは、その後3週間もたたずに母が死んでしまいました。今回もなんかおどろおどろしいことがおきるかもしれません。

 

| | コメント (1)

2014年8月11日 (月)

税理士・春香の民法講座

 これは、税理士の世界では売れ続けている書籍、春香シリーズの最新版。古い知人のおばちゃん税理士が著者に入っていることから送っていただきました。ありがとうございます。

 

 監修は、三木先生。三木先生におかれましては、関西在住時代ご縁がありました。私が某講座で寸劇をやりまして、役名が「クラブ狸のママ」。敏腕の税務調査官の執拗な質問攻撃をへなへなへなとかわして、お客さまを守り切ったママを演じたときの指導教官でした。たぶん忘れていらっしゃると思いますが。あの狸のママ風に人生を泳ぎきれたらと思います。

 

 なぜ、このシリーズが売れるか。 会話調で、読みやすい。民法と税法が絡む論点をピックアップしています。キャー凄いわーというような切れのある本というよりも、たぶんそうだろうなと頭の中にいれていたことを再整理して、なるほどねと納得するようなタイプなのかなあと思います。

 

 27話 「贈与契約書さえつくっておけば大丈夫?」贈与って何? 贈与の本質と税のあたり、私が信託の税理士向けの研修会では必ず入れてる部分をわかりやすく書いてます。

 

 あと、未成年が贈与の当事者だった場合の取り扱い。未成年者が贈与契約を単独ででききるか? 赤子は無理でしょ。でも、理解できる中学生はOKだろうね。金融機関がやってる教育資金の贈与の非課税の契約の場合、未成年者は一律、親権者がでてくるけど、あれは金融機関側のリスク回避なんでしょうかね。

 

 

| | コメント (0)

2014年8月 2日 (土)

同窓会 2014 アネックス

 3日ほど、関西に行ってました。もう、戻ってましたとは書けません。ほんとうはお盆に行く予定でしたが、住職が熱中症でお参りに来れないそうなので(もう、会えないかもしれませんが)予定を早倒ししました。約半年ぶりで、ゴミ捨てのため、お世話になった方への挨拶のため、空気の入れ替えのためが主たるミッションでした。前回も45リットルのゴミ袋10枚が満杯になりましたが、今回も10枚満杯。まだまだゴミとガラクタの山が残っています。

 

 郵便受けをあけると、なんとそこに2種類の同窓会の案内が入っていて驚きました。

 

 一つは小学校の同窓会! 小学校卒業以来、全然会ってない人たちからのご案内! しかも4月 あーーー やっぱし空家でほっとくとまずいわ。 今年は同窓会の総会があるようですが、ちょっと連絡して参加しようかな。。。

 

 もう一つは 某元職場の同窓会!  私らみたいな文化系の職人の世界は 回転もある程度早いので大規模な組織でも同窓会はないと思うのですが、どうやらそんなやつを作ったらしい。こっちは何月だっけ6月くらいかな。 登録用紙なんかも入っておりまして、どうしようかな♪ どうしようかな♪ としばし思ったけど、ま、どんなことになるのか興味があるので送りました。なんかイベントのお誘いがあっても東京でしょうけど。

 

 というわけで今回学んだことは、空家めぐりは、半年より短い期間でやらんとまずいなあ。 だけど、だんだん出かける意義も見つけられないし、暇もなくなりつつあるし。売り頃なんだろうかねえ。

| | コメント (8)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »