« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月 4日 (水)

深大寺のだるま市

 深大寺というお寺がこの前ご縁のあった調布飛行場の近くにあります。アクセス的には調布駅または、つつじヶ丘からバス15分くらい。わたしはいつもつつじヶ丘からバスに乗り込みます。上京して、たぶん2年目くらいから毎年33日に深大寺にでかけます。今年は33日が終日仕事だったため4日に変更。

 ここでだるま市が開かれます。ここで毎年だるまを買って、お坊さんに目入れをしていただきます。お坊さんがだるまさんの左目に「阿」の字をいれていただきます。そして1年経過して、右目に「吽」をいれてお寺に納めます。この繰り返し。

今年は「吽」だけでなく だるまさんの背中にありがとうございました。と書きました。この1年私の周りは穏やかな空気が流れていましたが、なんか遠くて大きな大きな嵐が吹き荒れてたんじゃないかなとその振動だけが伝わってきて心を揺らし続けた。

だけど、私が穏やかでおれたのは、きっとこの「だるまさん」のように手も足も出さず、ぽーっとしていられたから。どんなに惨い仕打ちを受けても倒れたままじゃない。必ず、起き上がりぽーっと座っている。そんな「だるまさん」のように残りの人生も過ごしていきたい。ありがとう深大寺の年替わり「だるまさん」そして、いっぱい助けてくださったみなさん、本当に気が遠くなるくらいlong and winding road

 

| | コメント (2)

2015年3月 1日 (日)

新中央航空

 新中央航空ってご存知ですか。 中国の航空会社? いえ 日本の航空会社です。東京の調布空港をハブにして伊豆の大島、三宅島 新島、神津島に飛んでます。

 

 なんでそんなこと書くの? 2月の最終週 三宅島に確定申告のお手伝いででかけた時に乗ったから。一応 東京税理士会のお仕事の一環でしたが。

 

 ほんとうは2年前に三宅島にいくところでしたが、 いきなり母の主治医に余命1か月宣告されて仰天、ドタキャンしたことがずっと心にひっかかってまして今回、そのリベンジ。ありがたく仕事を引き受けました。

 

 本当は、往復 新中央航空利用のはずでしたが。。。 行きは ガス[三宅島の火山]の影響で視界不良により欠航。 調布くんだりまで気合をいれてでかけたもののすごすごと引き返し、その日の夜22:30の船(竹橋桟橋発)で、再度三宅島にトライ。

 

 三宅島で仕事中に 低気圧がやってきて 船も欠航してしまい、もし仕事最終日の最終便の飛行機が欠航になったら、三宅島延泊か (アクセスは飛行機と船しかありませんから)と思っていたところ 飛行機は運行。

 

 この飛行機19人乗りのプロペラ機です。 5キロ超の荷物を持ち込んだ場合は 1キロ当たり300円か500円か追加料金をとられます。体重を申告して、その体重の結果をみて座る場所が決まります。 手荷物検査はすべておやじ。キャビンアテンダントはいない。飲み物サービスなし。 料金は、東京―大阪ジェットよりも高い。

 

 さて、テイクオフ。 テイクオフの躍動感はとても好きなのですが、強風でジェットコースターのように揺れるというかふーっと落ち込んで怖い、怖い。ここで落ちるのがわが人生かと海をながめてましたが、新中央航空はスタート以来事故おこしていないみたい。低気圧通過直後なので海の上では揺れが続いてましたが、三浦半島、江の島あたりから安定してきまして、調布のスタジアムを左手にながめ、ランディング。ほっつ。

 

 飛行機にも乗れないスリープ状態の人生が長かった。また、空港のレストランでグラス片手に発着する飛行機を眺めながら頭の中は八神純子の「夜間飛行」(知らん人多いだろうなあ)がぐるぐる回ってる人生が再開するのかなあ。

 

 

| | コメント (2)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »