« The principle of no taxation without law | トップページ | 皇居の緑 »

2015年6月30日 (火)

南武線

 乾いたスポンジを水につけてみるみる浸み込んでいくような6月も今日で終わり。

 

 さて,首記ですが、東京の立川というところから川崎に向かって、おおかた川崎市内を縦断していってるJR線です。立川をとおるJRには著名な中央線があり、こちらは東京、新宿、吉祥寺、三鷹、国分寺、国立を通って立川を経て八王子、はたまた塩尻あたりまでいきます。中央線は、四谷で南北線とぶつかります。南武線は武蔵小杉で南北線に入ってきている東急目黒線とぶつかります。

 

 南武線はネットであんまし評判がよくないからどんなんだろうとおもって乗りました。陸橋のような駅舎。もちろんエスカレーターもエレベーターもありません。プラットホームはがらがらかと思うと、結構混雑。しばらく待ってると、石油タンクをいくつもいくつも連ねた貨車がガタゴト通過。 これか。。。。

 

 ようやっと普通電車登場。快速も走っているようですが、普通車からの乗り換えってあんましうまくいってない。中野からは各駅の中央線の快速でも、たまには中央特快に乗り換えて移動できるのに、こっちはそもそも快速がいつ走っているのかもわからない。

 

 車窓の景色。。。 中央線と比較して、建築されている家の質がそんなに違うとは思わないけど、残念な街とは決して申し上げませんが、いま一感は漂ってますね。なんだかテキトーに街を開発していきましたって感じ。もういいというくらいたくさんの駅に停まった後に武蔵小杉に到着。駅前のタワーマンション群をながめて ほっ。電車に乗ってただけなのにぐったりしてお店屋さんに入ってみるような気力はそのときありませんでした。

 

 そんな南武線。 古老が「ここは昔、牛が貨車を曳いてたんじゃよ」と語っても、なるほど、そうだったんだと頷いてしまうような鉄道線でした。

 

|

« The principle of no taxation without law | トップページ | 皇居の緑 »

コメント

 湾岸は、タワーマンションで外国人の方の比率が大きいと言われているので将来のリスクが多いと思います。だから残りの人生私が生活と仕事の拠点とするのは白金高輪近辺か、泉岳寺(新駅)近辺か、品川(高輪アドレス)エリアの3つの中のどれかがだったらいいねです。インフラ(交通、スーパー、いい病院)の3点セットがそろって、治安もいいし、大変な大使館も近くにないから

通りすがりさんに教えていただいたサイトですが、微妙にそうじゃないとつっこみいれるところもありますが、そうだなと思えるところもあり、よくもわるくもそんな街ですかね。
 

投稿: 信託おばちゃん | 2015年7月 5日 (日) 13時09分

なるほど。やはり品川、湾岸ですか。内陸はヤバイと。

東京の街のイメージを纏めたサイトですが、実感としてあってますか?
http://tokyodeep.info/townmatrix/

投稿: とおりすがりの人 | 2015年7月 5日 (日) 10時36分

白金は、なぜうまくいっているかというとタワーの誕生と地下鉄の駅(南北線、三田線)ができたことがリンク。駅ができるまえは陸の孤島。駅ができてからは、東京の主要な場所に30分以内にすいすいいける超便利なところ。これが絶対原因。大手町等が廃れん限り、まあそこで働く人(高所得)のニーズはあるから生き残る可能性は高い。大切なのは駅チカラのあるところかどうか。駅に停まる電車がどこへいくか。複数の線が走り、主要地にストレスフリーで行ける場所は残る。そうじゃないのはだめ。 これから東京は湾岸、品川重視になるらしいからそこらへんまわりはいいけど、内陸に向かう方は再開発してもどうだろうか。

投稿: 信託おばちゃん | 2015年7月 5日 (日) 09時32分

なるほど、成功要因はよく分からないということか。

東京のそこら中で再開発がなされ、そこそこ成功する。そうすると、主に東京に本拠を置いていた人又は企業が新しいビルに移転することとなる。当然移転するのは富裕層だ。

そうすると、移転元の地域は相対的に所得の低い層の比率が高くなる。移転元の地域には、他の地域から高所得層の流入を受ければ維持できるが、出来なければ寂れるということになるんだろうな。

で、どの地域あたりが直撃を受けるのだろう?

投稿: とおりすがりの人 | 2015年7月 5日 (日) 09時21分

白金高輪の駅前が再開発の成功例といわれています。昔はごちゃごちゃとした民家や工場の集積地だったところがいまじゃ、億ションタワーと外資の生保や日経BPが入っている事業用タワーがどかんと立っています。
もちろん、地権者も多くいて、マンションに住んでいる人もいれば、別棟の工場(駅前にあるのですよ。といっても倉庫みたいなもの)で仕事している人もいます。ただ大阪駅前のような雰囲気はないですね。再開発前から住んでいる人とあとからやってきた人の割合はわからないけど外からは違いはみえません。地権者でタワーに住んでいるおばちゃんと友達ですがマンションは便利だけど安普請とかいいながらもそれ以上のマンション内の悪口とかいわないし。

投稿: 信託おばちゃん | 2015年7月 5日 (日) 07時07分

最近、東京では再開発事業が増えているように思います。渋い昭和の匂いのする飲み屋横丁をぶっ壊して、再開発ビルを建てるようで、綺麗なおしゃれな町にかわるのは良いことです。

反面、地べたの店、横丁の飲み屋は捨てがたい。こんな店のファンはどこに行くんだろう。

大阪の駅前再開発ビルは失敗の典型として有名ですが、その原因は、もともとそこに建っていた建物の入居者を横滑りで入れたからだそうですが、東京での再開発事業はどうなんだろう?いろいろ考えますが、何かコメントは有りますか。

投稿: とおりすがりの人 | 2015年7月 4日 (土) 17時41分

天皇関係が強いというのは私も思うね。

なんで関西は東京に勝てないのか? そりゃ皇居は東京にあるからでしょ。天皇との距離で、日本での成功の成否は決まると思いますね。といっても、リアル天皇との距離というわけではないですが。

投稿: 信託おばちゃん | 2015年7月 1日 (水) 09時07分

やはり原宿は明治神宮に近い未開の地だったからなのかな。天皇関係は強いというのが私の結論。

時に、TVで紹介される街の素顔、なんか嘘くさい。変な面や素晴らしすぎる面だけを強調し過ぎで判断を誤らせる。

投稿: とおりすがりの人 | 2015年7月 1日 (水) 08時37分

原宿は山手線の内側で、交通の結節点渋谷の近くという利便性のあるところだからか。 

南武線は川崎からスタート 中央線は東京スタートの線でいずれも沿線は住宅街となっているが、かたや日本の中心東京スタートの場合は、いわゆるホワイトカラーエリート高額所得の人の住居となった。逆に川崎スタートの場合は、工場の工員さん、いわゆるブルーカラーの住居が主となった。住む人の払う税金で行政の財政も賄いますし、街づくりも住人の影響がありますから、そこらへんが差になってるかも。

投稿: 信託おばちゃん | 2015年7月 1日 (水) 03時29分

明治時代まで原宿村としてショボイ寒村だった原宿。同じ明治時代はショボイ寒村だった筈の信託おばちゃんご紹介の場所。NYのハーレム地区は昔は高級住宅地だったそうだが、今はスラム。

 どこが違うのか。どの点が町の盛衰の分岐点なのか。

投稿: とおりすがりの人 | 2015年6月30日 (火) 15時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« The principle of no taxation without law | トップページ | 皇居の緑 »