« そこが知りたかった! 民事信託Q&A100 | トップページ | 審判のお仕事 »

2016年6月 5日 (日)

同窓会

 2年ぶりに高校の同窓会に先日参加しました。 ちなみに高校は神戸私学の女子高です。200人以上参加していました。

 

なぜ、神戸の女子高の同窓会が東京で? 日本経済の軸が関西から東京にシフトしたから 関西の大きな企業のオーナー一族の人とかが、そこそこいてた女子高でしたから。

 

 なぜ、あなたは参加したの? 同期が支部長していて 5年で今年、降りたのだけど、新支部長も同期だから。 彼女たちは組織を仕切れる資質のある人ですから 納得。

 

 支部長を2回連続で輩出しましたから、同級生は9人参加。

 今回の同窓会でよかったのは、卒業生であり、元オリンピック選手にして,協会役員の方のお話しがあったこと。やはり、経験(しかも自分たちも共有した部分のある)は心に響きます。こんな偉い人も輩出したんだぁ  じゃ、あんたはなんだとなると落ち込むばかり。

 

 来年の同窓会の場所はまだ決まっていないらしい。条件厳しいけど、どこかないかなぁ。

 

 同級生の話は年相応に、子供の話から健康、相続や介護、自分の老後、お墓の話などにシフトしてます。 私がうっとなったのは、子供さんが音大を卒業して、外国に留学をする人の話。私も中高のころピアノやコーラスをやっていて、音大にいきたいなあと思ってたけど、そんなに才能がなかったし、母の鬼のような顔(経済的な問題がありますですからね)に震え、ひっそりとあきらめたことがあり、うらやましいなあって。

でも、上京してから第九を歌い始めたし、今は、某音大のエクステンションセンターで声楽を習ってるし やはり三つ子の魂100まで、ほんとうにやりたいことはいくつになってからでも遅くはない。あー 一日も早く実家からピアノを東京に運んで、家でお歌の練習がしたい。(これあたしの強い意向なのだ)

 

 

|

« そこが知りたかった! 民事信託Q&A100 | トップページ | 審判のお仕事 »

コメント

私の個人の顧客がしみじみいう。

「小金持ちは子供に一流の先生をつけて習い事をさせて、そこそこ上達する。子供は才能を勘違いして、プロの道を歩んでしまう。しかし、芸事で飯を食えるようになるのは一握り。近所の小金持ちの子供(今は無職の中年)はあんなそんなで穀潰しばかり。」

 なるほどなあ。高級住宅街に巣食う闇を見たような気がする。

投稿: とおりすがりの人 | 2016年6月 6日 (月) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そこが知りたかった! 民事信託Q&A100 | トップページ | 審判のお仕事 »