« 人生には絵コンテが大切 | トップページ | 今日も休日 »

2016年9月18日 (日)

ソーシャルワーク研修

ソーシャルワーク研修なるものを土日、で受講しました。なぜなら社会福祉士ですから。税理士会の研修は義務ですからいくらでも受講していますし、講師もしていますが、他団体のそれも今までの人生で未経験のフィールドの研修は受講前から期待感でいっぱい。

 

で、どのような研修か。内容はリーガルソーシャルワークといって、いわゆる犯罪をおかしてしまい、塀の向こうに行かれた方が社会に戻ったときにどのように生活を立て直していくかの支援を学ぶというようなもの。

 

初めて知ったのですが、刑罰を行けられた方というのはこの10年間かなり減少しているようです。しかし、犯罪者となられた方に占める高齢者の割合は逆に増加傾向。

 

塀の向こうにいかれ方で、かつ、高齢の方は、元の世界にもどっても、住む家も頼りになる人も生きていくために必要なお金もない。だから、生きていくためには、塀の向こうへ戻っていくしかない。よって、犯罪を繰り返す。繰り返すほど、刑罰も重くなりますから、その分、塀の向こうにいききちんとした生活が可能となる。おかしいと思いますが、これが現実。

 

いままで知らなかった世界の専門家から現状を教えていただき、かつ、全国のプロの方たちと一緒にグループワークでケースについて考えて、発表する機会(ずーずーしいですが)もありなんだか感動。 

 

明日からの人生にダイレクトには役立ちませんが、ソーシャルワークの目線(たとえ犯罪者といえども一人の人間として、お前が悪いではなく、なぜそうなったのか。何が彼(彼女)をそうさせたのかということを考えて、もう一度普通に生きれるようにする方法を考えて動く)って思考は、絶滅危惧種にさせてはいけないものだなと。後味がとてもよい時間。ただ、来月までにレポートを作成しなければならないことが、税理士会の研修とは違う試練。なにせ、軸足の違う世界のレポートですから、なんちゃってすらすらとはいきませんよね。

 

 

|

« 人生には絵コンテが大切 | トップページ | 今日も休日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生には絵コンテが大切 | トップページ | 今日も休日 »