« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月24日 (月)

法人税法における収益の計上基準

 タイトルは、今は税理士の朝長英樹さんのT&Amaster 2016.10.10の論稿。

 

いいたいことは、いろんな学者さん等が法人税法の収益計上基準は発生主義だとか権利確定主義だとかっていってて、それをベースに判決もだされているけど、つぶさに法律の改正過程を読むとそうじゃないことがわかる。

 

 法人税法の肝22条の取引とは簿記取引よりももっとひろーい概念なんだよ。純資産の増減を生ずべき、事実、事由、事象などすべてを含めているのだよ 

 

 たぶん、朝長さんのいいたいところの肝はこの辺か

「立法過程等における事実に基づいて正しい解釈を確認することにより、早急に是正する必要がある。

現在、このような事実に明らかに反する主張が少なからず存在する状況となっているのは、現在の我が国における税法の解釈論の通説が立法の趣旨・目的を軽視して私法を税法よりも優位に置こうするものであることに主たる原因があると考えられる。」

 

 この辺の意見は、IBM事件のあたりで、国税側に有利になれる理屈をお考えになったことがうかがえる論文のあたりでもあったような気がします。ばい。

 

| | コメント (0)

2016年10月21日 (金)

また国際個人課税の改正らしい

日経ネットをみて、あ またかと

相続税逃れの海外移住に網 政府・与党検討

 

 これはですね。 いま、被相続人(贈与者)、受遺者(受贈者)が5年超海外に住んだ後に国外財産(たとえば米国債)を相続(贈与)した場合は、贈与税、相続税がかからないとしていたわけですが、これじゃぬけがけができるというわけで 5年→10年にかえるらしい。

 

そのかわりとして、いま外国から日本にたまたまやってきて日本で生活していてる(居住者)ときに交通事故で死んだ場合は、遺族が全員外国籍外国居住者であったとしても全世界財産に相続税や贈与税がかかるという仕組みですが、これはたぶんえらい外人さんが文句言ったからだと思うけど改正になるらしい。

 この辺って 、以前あたしが書いた

税理士のために国外転出時課税と国際相続について考えてみました

なる書籍あたりでごちゃごちゃおもしろおかしく書いたところもかぶっていてワロエナイ。のだ! 

 

 もし、この本を改訂するとしても来年条文がでてから、パワーアップ版でせざるをえないちゅうことになるのかな。あの本は細かく事例を作りこんで書いているから改訂作業がむちゃ大変なことになる。来年は半年くらい、作りこみでつぶれるんだろうか。半年くらい遊べなくなるじゃないか!!!

 ころころ変えるな あたしの個人的な事情も配慮して改正しろバカヤローーーーーー

 

| | コメント (0)

2016年10月20日 (木)

頭隠して尻隠さず

 頭隠して尻隠さず 昔からよく言われていることわざです。

 

頭隠して尻隠さずとは、悪事や欠点などの一部を隠して、全部を隠したつもりでいること。

http://kotowaza-allguide.com/a/atamashirikakusazu.html

 

 自分は頭がいいと思って一生懸命考えて、悪いことをしようとしても、完全に隠しきれるものではないということ。

 

 へたな隠ぺい工作というのは、それまでそんなことが重大とは気づいていない人たちにそれが重要ポイントと思いっきり気づかせること。

 

 そうなると人はどうするか。人には想像力というものがあるのですよ。後で振り返ったとき、あんなことしなければよかった思うかもしれないけど、もはや時計の針は戻せない。

 

 なんだかんだといっても川の流れにまかせて素直にやっていくことが予定調和となっていくのに。残念な結果しか残らなかったいう歴史を知っているはずなのにね。

 

 

| | コメント (1)

2016年10月19日 (水)

愛之助のGOEMON

 昨日、新聞販売店が歌舞伎の有料招待のようなものをやっていて、片岡愛之助さんのGOEMONだったので、いっちょみてみっかということで新橋演舞場なるところに出かけました。

 

 片岡愛之助 上方歌舞伎の今や花形スター 全国区になったのはやはり超人気ドラマ半沢○○(忘れた)のおかまの国税や金融庁のおっさん。ある回なんかは 彼が最後にでてきて2つか3つセリフをかましただけで全部持っていってしまったど迫力。ま、あたしはそれからのファンですが。いまは かの藤原紀香と結婚してまた一段と話題になってるところ。

 

 場所は新橋演舞場 地下鉄東銀座が最寄駅 近くには歌舞伎座もあります。そりゃまあおばちゃんがどわーの世界。そのおばちゃんがわーっと集まって、写真ばちばちとってる。そう 白っぽいお着物姿の梨園の奥様となられた紀香さんがいらっしゃったのです。はい。私の印象はえらい背が高い人だなあ 171センチみたい。 梨園の奥様は着物がマストなのでしょうけど、観客でもたかそーな着物をきたおばちゃんが結構いてましたね。単に観てるだけで あんな窮屈なもんどうして着るのかなあ。

 

 さて、お芝居は 石川五右衛門(盗賊)のお話しをベースにかなりデフォルメして作ってます。 イスパニア人(今井翼がやってます)とのハーフの子供で、盗賊になって、最期は、五右衛門風呂で死ぬのではなく、鳥に乗ってイスパニアにいく? 

 

 いわゆる古典歌舞伎では全くなく、 フラメンコやらギターやらと日本舞踊、三味線とのコラボで、宙乗りはあるわ。 観客席を役者さん(もちろん愛之助さんも)が走り回り、みんなわーとなります。これは、市川猿之助さんのスーパー歌舞伎の系統のようなもの。

宙乗りが終わって、舞台が明るくなって、終わったのかなと思って帰るお客さんもでかけたころに 舞台では、愛之助と翼が登場。 会場のお客さんほぼ全員が立ち上がってわーっと拍手。これがほんとうのスタンディングオベーション。

 

古典を味わうために1万円以上を払うのではなく、楽しみたい 面白いものをみるためなら1万円以上払ってもいいという人には価値ありますね。

| | コメント (1)

2016年10月18日 (火)

運命的な出会い

 私も長いこと人生を歩いてきまして、いろいろな出会いもあり、別れもあります。ほんとうに社公的にだれとでもにこにこと上手に対応することができないところもあることから他の人と比べると出会いは少ないとは思いますが、それでも出会いはいくらでもあります。

 

 ただ、その出会いが一期一会でそのまま終わることがほとんどであり、まれにその出会いが次にそして次にと続き その流れで今まで来ている場合もあります。

 

 どこが違うのか? よくわからないのですが、直観的にもしかしたら続くかなと思う人とは 何らかの形で続く。 長年音沙汰なくても また続く。 あまり近しくなく、どこか客観的にみれるくらいの関係がいいのかもしれません。

 

 その中でも人生を変えるんじゃないかと思うような運命的な出会いはどうか。 これは出会いの瞬間の何気ない一言から魂を揺すぶられるところがありますね。あー この人と関わっていくんだろうなと なんとなく人生の道筋がカラーではなく白黒のデッサンのようにみえてくる。そうやって、人は後戻りのできない道をまた、一歩歩いていくのでしょうね。

 

 

 

| | コメント (0)

2016年10月13日 (木)

信託業における「営業」の意義

 信託フォーラムVol6において山中弁護士が「信託業における「営業」の意義」をお書きになられていらっしゃいます。

 

 信託を機能させるために一番大事なのは受託者なのですが、信託法では誰でも受託者になれるのですが、信託の引き受けを行う営業に該当すれば信託業法ちゅうか金融庁の厳しい管理下におかれることになるわけで、誰だってうざい管理下におかれたくない。そうなると営業って何なの?となるわけですが、これがよくわからん。一回だったら営業にならんけど2回だったらアウトなのか。報酬をもらわなかったらセーフだけど1円でももらったらアウトなのか。言ったもん勝ちみたいなところがあって 結局なんなの?というところがわからん。お上もQAなんか出してませんし。たぶん大トラブルが起こった時点で、降臨してくるんだろうけど。

 

で、山中さんがそこらへんを整理して書いていらっしゃいます。

 

彼は営業の概念を狭くとらえて、それ以外は営業じゃないから規制の対象じゃないよともっていいくように組み立てられてるのかな。山中さん説の営業とは

 

営利の目的を持って 一定の計画に従い反復継続する 対公衆性すなわち不特定多数の者を相手方にすること。

 

たとえば、商店街の複数の店舗を受託して街づくりのための信託をしたというような場合

同じような事例は、既に土地の再開発における民事信託の利用で散見されていますが、これは規制の対象外

なぜなら、件数は多いけど反復継続要件(次々信託というより最初にどんとやるから)満たしていないから。

 

たとえば、いくつもの一般社団法人をつくって、そこに一人の弁護士が理事として入って信託の受託者をする場合、これらの一般社団でやるこことが上記要件を満たしていないならOK。 仕事を受けるのは受託者であって、理事じゃない。理事を×としたいなら法人格を否定しないとだめじゃないか。 でもそれって難しいでしょ。

 

受託者の報酬は? 

「そもそも営利の目的を欠く場合とは、収支相償性が保たれる場合をいうのであるから、受託者としての業務を遂行するための適正な費用を信託財産や受益者から得ても、信託業における営業に該当することはないというべきである。」

 私もそう思います。 他の人に任してそのために使ったコストはOKでも、一番汗を掻いた人の作業と知恵と時間について対価を支払ったら即業法違反って、業法というのは誰の利益を守るために必要なの?ということをつきつめるとおかしいですよね。

 

| | コメント (1)

2016年10月10日 (月)

家族信託と委託者等との判断能力

 信託フォーラムVoL6は、家族信託の“いま”について多角的にとらえているので面白いです。

 

 今回、紹介するのは 「家族信託と委託者等との判断能力」三井住友の冨田弁護士がお書きです。

 

 家族信託の使われ方の大きなくくりとして財産のある高齢者の老後の管理や承継についての予防があると思います。日本は高齢社会になってきていますが、問題はいつまでも正常な状態であることが難しく、認知症を発症したら、自分で自分のやってることに責任がとれなくなってしまう。そうなると困るから成年後見人という制度ができたけど、これはこれで堅苦しくってあれもだめ、これもだめ それは困ると思う人がいるから成年後見人ができても円滑にそれまでと同じように事業ができたりできるように信託が使えないかと考えている人がそこそこいる。

 

 信託には当事者が幾人かいますが、その中で中心は委託者が認知症になったらどうする?

 

 信託契約時点で委託者の意思能力が?の場合は、そもそも契約を締結する能力がないからそんな信託は認められませんよ。ま、そうでしょうね。じゃ、そんな状態であることがわかる状態で信託してトラブルが生じたとき受託者は責任を問われるのか? まあ受託者は当事者で、あぶないかなというのは認識できますから、その結果のトラブルについて責任をとらないといけない。

 

 公正証書で信託契約を締結してたら最初で確認ができるから、必ずOKか? 最初の段階で公証人が確認しているからまあOKと思われそうですが、 実は、公正証書遺言の場合の遺言能力を否定した判決例があるらしいこれは根拠が脚注に乗っているので、そのうち調べておこうと思う。

 

 じゃ、信託後に認知症を発症し、成年後見人が現れたら彼らは信託を終了することができるか。

 原則は、信託を終了することも変更することもできる。でも、信託は委託者の意思を反映したものであるから、これを無視して勝手に取り消すことは難しいのではないかな。でもあきらかに委託者の損失となるものはできるだろう。ただ境界はどの辺だろう。

 

 たとえば、信託によると自分には財産がほとんど来ず、子供に財産のいくことが納得できない妻が成年後見人となって、こんな信託はだめだ!と終了を宣言した場合はどうなるのか? 

 

 もし、委託者がこのような妻のその後の行動を予知しているような場合は、成年後見人が取り消せないように工夫する。原稿では「信託契約等において、信託の終了や変更等については受託者の承諾を要する旨などを規定しておくことが考えられる。」

 

 というように信託は契約で工夫をこらしておかないと後が大変なのだ

 

| | コメント (0)

アナウンサーのお仕事

 以前もこのブログに書きましたが、私は、昨年、初級障害者スポーツ指導員の資格をとりました。これは20時間くらいの講習を受けたら自動的にもらえるもの。次は中級で80時間以上の実績が必要らしい。。。

 

 まあ、中級とれるかどうかはあまり考えずに、機会をみつけて少しずつお手伝いをしています。春にスラロームの審判員の講習があったので参加して、その続きとして都大会で審判のお手伝い。

 

 そこで、面白かったのでもっとやりたいとおもって探したのが秋の障害者の方が中心の大会。これが昨日ありました。何をするかはくわからぬまま、大雨の中、板橋区にある競技場に朝からでかけていき、与えられたミッションは「アナウンサー」思わずはあ?となりました。

 

 これは、場内放送することですが、メインのお仕事は競技の前に選手の紹介。終わってからあとの結果(時間とか距離)の報告。何をいうかは紙にかいているのですが、これがなかなか難しい。台本はなく、ハプニングがあって、渡された資料と実際の選手が異なっている(結局キケンとか)それでもなんとか最後までたどり着けたのは、アナウンサーのメンバーが3人いて、そのうちの一人はずーっとアナウンサーをしている方で、その方の頭に大会全体の時間の流れ、人の動き、スポーツの種類とかが格納され、いろいろ教えてくださったこと。

 

 声は お腹から出し、うつむかない・ゆっくり 語尾ははっきりいう(手話通訳の方が困るから) ~の方というようなあいまいな言い方はしない。臨機応変に状況を把握して、アナウンスするタイミングを計る。 いやー 新鮮で、楽しかった。ボランティアの中では厳しい業務(一日、休めないですから)でしたが、達成感は凄くあります♪ また、やってみたい! ですね。

 

| | コメント (0)

2016年10月 2日 (日)

かかし祭り

 昨日、小雨がたまに降る状況でしたが、かかし祭りの手伝いにひょこひょこでかけまいた。かかし祭り、これは農村地区の祭りではなく、都心の中の都心、港区の麻布地区の商店街で催されるイベントで、道端にずらっと露店があらわれ、イベントとしてベリーダンスやらフラダンスやら、ショーアップされたものが気楽にみれるものです。

 一本の2,300mくらいの道だと思うのですが、人でびっしり。

 なぜ、かかし祭りの手伝いなのか。 これは私がなんちゃって社会福祉士になって、どうすればいい?という次のアクションとして、とりあえず、なんらかの活動のボランティアに顔をだして、一人でも知り合いを作ろうと思ったから。

 机一つで、子供(大人も含め)クイズをだして、あたったらお菓子をあげるという単純なもの。

 日本は少子高齢化といわれるのですが、びっくりしたのは、やたら子供が多いこと。あっというまにお菓子もはけてしまう。

 それから、外人が多い。日本人と同じような親子連れがやってきて同じパターンでクイズをだそうとしたら、これが外人でジャパニーズだめ。とっさにへたな英語でクイズを通訳し、いままで、長期間、カネかけて通訳の勉強をしたことがよかったと思えた瞬間でした。

 

 たまたま縁があって親亡き後の子供の問題を信託を使って解決できないかという課題をいただいたことがきっかけで、心境に少しずつ影響をあたえ、障害者の問題について少し勉強し、それがきっかけで社会福祉士の勉強をし、努力の甲斐あって(試験勉強は5か月弱 1日平均1時間これ以上はとても無理だった)で合格し、次のステップは何かということで、そろり活動開始です。

 

| | コメント (1)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »