« 信託業における「営業」の意義 | トップページ | 愛之助のGOEMON »

2016年10月18日 (火)

運命的な出会い

 私も長いこと人生を歩いてきまして、いろいろな出会いもあり、別れもあります。ほんとうに社公的にだれとでもにこにこと上手に対応することができないところもあることから他の人と比べると出会いは少ないとは思いますが、それでも出会いはいくらでもあります。

 

 ただ、その出会いが一期一会でそのまま終わることがほとんどであり、まれにその出会いが次にそして次にと続き その流れで今まで来ている場合もあります。

 

 どこが違うのか? よくわからないのですが、直観的にもしかしたら続くかなと思う人とは 何らかの形で続く。 長年音沙汰なくても また続く。 あまり近しくなく、どこか客観的にみれるくらいの関係がいいのかもしれません。

 

 その中でも人生を変えるんじゃないかと思うような運命的な出会いはどうか。 これは出会いの瞬間の何気ない一言から魂を揺すぶられるところがありますね。あー この人と関わっていくんだろうなと なんとなく人生の道筋がカラーではなく白黒のデッサンのようにみえてくる。そうやって、人は後戻りのできない道をまた、一歩歩いていくのでしょうね。

 

 

 

|

« 信託業における「営業」の意義 | トップページ | 愛之助のGOEMON »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信託業における「営業」の意義 | トップページ | 愛之助のGOEMON »