« 大切なのはメッセージを正確に読めるか | トップページ | 実務に活かす! 税務リーガルマインド »

2016年12月27日 (火)

十月桜

 私は、某公園のガイドボランティアを3年くらいやっています。なぜやってるのと時々質問をいただくのですが 広告をみて はっと心に刺さるものがあったからというのが本当の理由。でも続くのですね。なぜか。

 

 季節は冬で公園なんかにでかけても何も見るものないでしょ?と思う方がほとんどだと思いますが、今も公園ではいろいろな自然のイベントを見ることができます。

 

 紅葉はもう終わりなのですが、実は 十月桜という桜が咲き続けています。

十月桜は 10月の終わりくらいから3月くらいまでの期間 長期間にわたって 咲き続ける桜です。 ちっちゃなピンクの花びらです。一つの花が長期間咲き続けるのではなく、こっちの花が咲き、次はそっち、それからあっち という感じです。あまり花のない季節ですので、ご覧になられたお客様方は 感激 写真をバシャバシャ撮ってらっしゃいます。

 

 日本の桜というとソメイヨシノです。桜前線がニュースの話題となり、3月の終わりから4月のはじめにかけ絢爛と咲き乱れますが、あれは、寿命が1週間くらいと短い。それと比較して、十月桜は、厳しい寒さも風の冷たさにも耐え抜いて、ひっそり清楚に花たちがバトンを渡しながら咲き続けます。

 

十月桜のような人生を創り上げられたら。

|

« 大切なのはメッセージを正確に読めるか | トップページ | 実務に活かす! 税務リーガルマインド »

コメント

あけましておめでとうございます。ありがとうございます。
そうですね。ボランティアはgive and giveだったらどこかで行き詰りますが、おカネではない対価を発見(得難い経験)したら、とても価値ありです。無理せず、いくつも体験してみて自分にあったものを発見したいと思います。

投稿: 信託大好きおばちゃん | 2017年1月 2日 (月) 11時56分

十月桜の話、良いですね。
信託おばちゃんのこのような話に耳を傾けてくれる来園者との出会いが、ボランティアをする楽しみの一つじゃないのかな。

私も某博物館で毎週1日ボランティアをしています。
スタートして2~3年は、手探りでしたが、今はボランティアを続ける秘訣は、Give-and-Takeを維持することだと考えています。ボランティアは、無償の労力提供で、雇用関係も無ければ、利害関係も無い中で、自分でMotivationを見つけることが重要ですよね(人によっては暇つぶしでやる人もいると思うけど、恐らく長続きしないんじゃないのかな)。

私の場合、来館者に対して、展示の説明で価値を提供し(Give)、来館者から共感・笑顔・感謝等の反応を得る(Take)ことです。そして、来館者に価値を提供するために、勉強して知識を蓄えることが必要になるので、これが更にMotivationを高めることにつながっています。このPositiveなサイクルが回ると、自分が他の人に役立っている(≒生きがい)と感じます。

団塊の世代が定年になり、ボランティア希望する人が増えているようですが、ボランティアは、70代とかよりも、50代くらい遅くても60代前半くらいから始めるのが良いと思っています。その方が自分に合うボランティアを探し易いので。

投稿: タッキー | 2016年12月30日 (金) 21時13分

定期的なのは庭園ガイドであとは、空いてる日(土日が多いかな)にポンとでかけてますから、あんまし負担ではないです。どのくらいかはわかりません。片手は少なくともあるかな。

 上京しての印象ですが、東京のほうが関西より面白いボランティアの機会が多く、これは上京してよかったことの一つかもしれません。
それだけ人が多いということなのですが

投稿: 信託大好きおばちゃん | 2016年12月30日 (金) 10時04分

ボランティア何軒掛け持ってるの?

凄いなあ。

投稿: 通りすがりの人 | 2016年12月28日 (水) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大切なのはメッセージを正確に読めるか | トップページ | 実務に活かす! 税務リーガルマインド »