« 相続税相談所 | トップページ | この文章をどう読むの? 非永住者の税制改正大綱 »

2017年1月27日 (金)

久々の神戸

 昨日の早朝、メールチェックしていたところ、高校時代の友人の永眠の知らせが入ってきて、久々(お盆以来だろうな)の神戸詣で。それにしても最近1月になると誰か(親族やら知人やら)が亡くなるお年頃。 彼女は近くに住んでいた中高一緒の友達で、大学以降は別々でしたが、よく飲みに行き海外旅行にもいき、結婚式もよんでいただいて、その後は年賀状の往復でしたが、、、昨年、5月に友達と食事していた時になんだか調子が悪いらしいという話にはなったのですが、ま。さ。か でして。

 

 若い (私と同じ年みたいなもんですし)子供さん2人で まだ学生で。 お母さまがこれほどショックなことはないとおっしゃってましたが、そうでしょうね。社会的にエラクなられた弟さんも涙ぐまれて、、お坊さんのお話にもあったのですが、仏縁というのでしょうか、中高の同級生が5人集まり、その後は近くでイタメシタイム。

 

「〇〇ちゃん(わたしのあだな)自炊してるの?」

「そりゃ しないと生きていけませんから」(あたし);:1

「生き抜くち・か・らがあるんだ!」

「シブトイですから(さすがに人生勝つか死ぬかとはいえませんが)」(あたし)

「それにしてもよく食べるわね 私たち年とって食が細ったのに。。。」

「体調崩すと食が細るけど、23日もするとまた元に戻ってますね。」(あたし)

「明日どうするの?」

「さすがに仕事があるから、 朝7時ころの神戸空港発の飛行機で戻ります。」(あたし)

「朝早く起きないといけないから大変じゃない (あんたにできるのって思ってるのかな)」

「私はいつも4時や5時に起きてますから大丈夫 人生何事もバランスを大切にして無理せずにいきてきます。 一人で全部やらなきゃいけない人ですから」(あたし)

 

 というわけで 朝5時半に起床。ま・ず。い わーっと支度して5;40に自宅を出て、JR ポートライナーを乗り継いで、神戸空港に到着。 電車のアクセスはとてもいいですが、いわゆるシンプルな地方空港の一つ 昨年は、調布空港大島空港(伊豆大島)松山空港、那覇空港、羽田空港を利用しましたが、規模としては松山空港より上か下かという感じ。 私はANAのマイレージ(昔、松山空港を仕事で往復したとき松山―伊丹便はANAしかなかったことが起因)利用しているのでANA便だったのですが、このANA便 飛んでるのが早朝710分と 夜21:15というどうしようもないような時間帯なんですね。で、こんな時間は誰も乗ってないと思うのですが、それなりに待合所は混んでいる。でも、マイナーな神戸便だから、プロペラ機じゃないかなと思ったところ、ジェット機でした。

 7:10便で予定到着は8:20でしたが5分延長。。羽田空港が混んでいるから。これがJR便との競合で飛行機便の弱いところ。まず新幹線は定刻で運行しますが、空港の混雑やらなんやらで微妙にずれる。いつもはタクシー+新幹線+JR+タクシーで神戸と東京を往復していますが、今回は 徒歩+JR+ポートライナー+飛行機+京急+都営地下鉄+徒歩で 所要時間はほとんどかわらず、いやタクシー+新幹線の方が早くつきますね。この状況で飛行機をチョイスするのは、新幹線の2時間半の着席がうざい場合に限定となるのかな。

 

|

« 相続税相談所 | トップページ | この文章をどう読むの? 非永住者の税制改正大綱 »

コメント

「さわやかな孤独死」なんて無いと思うで(*´ω`*)

特に対策しないで自宅で孤独死した場合、単なる孤独死の疑いではなく、確実に孤独死したという確証がなければ、警察は鍵を破壊して入室しないだろう。

3日連絡なければ自宅の鍵を開けて処理してもらえる関係を作れば良いのかもしれないね。

投稿: 通りすがりの人 | 2017年2月 1日 (水) 09時04分

さわやかな孤独死ですね。
適当に親戚が処理するでしょ。文句言いながら。

通りすがりさんはおカネの使い方を知っているから、絶対に露頭に迷うようなことにはならないようになると思います。

投稿: 信託大好きおばちゃん | 2017年2月 1日 (水) 08時15分

今、自分が亡くなったらどうなるんだろう?

遺体処理で周囲に迷惑をかけるのは最悪やけど、自分の場合は家族がいるから大丈夫だな、変な事故を起こさない限り。信託おばちゃんはどうなんだろうね・・・

財産面だが嫁さんには経済的な自活能力はなく、娘には障害があるんでできるだけ多く残してやらないと・・・

投稿: 通りすがりの人 | 2017年2月 1日 (水) 07時48分

 若くして亡くなった方、とくに今の年代での死を受け入れるのはキツイ。昔、仲が良かったという関係であってもこうだから、ましてやご家族はね。特にまだ学生の子供さんたちのことを思うと、彼女も無念だったと思います。あと10年いきてくれてたら、
 
 自分の健康というか体の叫びに耳をすまし、食う、寝る、遊ぶ+仕事するのバランスを重視していこうと、もう無理をしても効かない年齢ですからね。

投稿: 信託大好きおばちゃん | 2017年1月31日 (火) 17時53分

同級生で鬼籍に入った人は何人だろう?

小学校時代の同級生の女の子は二十歳前1人、高校時代の同級生は高3の者1人と卒業後直ぐの者1人と20台前半2名、大学時代の同級生は1回生の時に鬼籍に入った。知っているだけで6名か。

若くして亡くなった場合の葬式はキツイ。

私の母は50前で某病気で1回目の手術、その後何回か手術を経て60で亡くなった。健康には気をつけねば(^^)

投稿: 通りすがりの人 | 2017年1月31日 (火) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 相続税相談所 | トップページ | この文章をどう読むの? 非永住者の税制改正大綱 »