« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年7月18日 (火)

金融から学ぶ会社法入門

 

 

 久々に大垣尚司先生から上記御著書を頂戴しました。ありがとうございます。大垣先生は以前は立命館大学の東京で教鞭をとっていらっしゃいましたが、今年から青山学院大学の教授にとらばーゆ(なつかしい響き)です。三木学長つながりか??

 

 大垣先生の個性は、とにかく難しいことをわかりやすく表現できること。そのわかりやすさのベースが、脳内ポエムではなく、実際に仕事をしていたらあのことねとイメージできることを題材にアカデミックに深ぼりできることです。これが誰でも出来そーで 誰もできない。 

 

 この著書が凄いと思ったことは お仕事していたらありそうな事例をベースに会社法を語っている。しかも会社法の条文をだらだら並べてその事例の解説だけでなく、あるときは仕訳が登場(会計ですね)して補強する。

 

 たとえば、 経常資金の調達:商業ファイナンス 掛買 掛売 ~ 手形払いのところは、わかりやすい事例を仕訳でイメージして説明。これだったら簿記3級以上の知識はあるで終わりなんだけど 手形のところに入ってくると 流石元バンカーかなって 

 

手形割引は手形の裏書譲渡の一形態ですが、「銀行は手形を行うにあたり、銀行取引約定書という基本契約を締結させ、もし手形が不渡りになったときは、手形法に基づいて遡求権を行使するのではなく割引人に買い戻させることとしている。」とありまして、注書きで、「そきゅう 法律行為の効果が過去に遡る場合は 「遡及」。手形の支払いを前者に遡る場合は、「遡求」ビジネスの文脈で効果やメリットを訴えることは「訴求」遡求は手形との関係でしか使わない。よく間違えるので注意すること」

 

 こんな感じ。というわけで、興味のある方はぜひ 買ってくださいね。

 

| | コメント (0)

2017年7月 5日 (水)

私も昔はOLだったのだ

 常任委員になりましたというブログをアップしましたが、会議の翌日には、今度は舞台を大阪に移し、昔OLだったころの会社の同窓会。30年くらい前の話で、働いていたのもOLの人が主体だから3~4年くらいが平均。だから、やめればおしまいのはずですが、なんだかよくわからないのですが、30年たってもたまにあってるらしい。5年前にまぜてもらって、去年はちょっといけなかったので、今年は参加。だってもし、今年いかなかったら、もう二度と行けなくなるかもしれないという漠然とした不安がありますから。

 

集まったのは7人 おばちゃん5人 おじいさん2人。 おじいさんは総務部長と会計をやっていた人。75過ぎてますね。4時間弱ですが、ワンテーブルで7人ですとみんなの顔がみえて、みんなの話も聞き取れて一体感があっていいですね。とにかく昔話であれだけ座持ちができるというか、笑えるってすごい♪

 

手書きの同窓会名簿があって、私も名前 住所 メールアドレス 電話番号など個人情報を書きましたが、当時の支店長がだれだったか、3人いたはずですが、1人しか思い出せない。この1人が、まあー超イケメンだったんですね。俳優でもあのレベルはそういませんです。あと誰だっけ、名字も思い浮かばない。

 

人間には二つのタイプしかない。記憶に残る人と残らない人。 私自身は記憶に残り人だったようですが、しかし、あの当時から考えると現在はありえない場所なんでしょうね。たいしたことないけど、やりたいことをやり続けて、でも石橋をたたいて悩んで立ち止まって後ずさりをしながらでも歩いていくとこうなったとしかいいようがないです。はい。 最後に私の書いた本を全員もって記念写真ぱちぱちぱち ありがとうございましたって感じ。そんな出来事もある2017年の7月進行中です。

 

 

 

| | コメント (0)

常任委員

 7月に入り、突然変異ではないですか、いままでなかった行事や仕事で時間がどんどん埋まってきました。

 

 ということで、タイトル。 7月から常任委員になりました。高校の同窓会の東京支部の常任委員です。3年間。 東京支部は様々な学年の人たちが集まる団体で、常任委員も各学年で1人ということですが、人手不足とか、途中でフェードアウトリスクとかあり、またいま、私と同期がえらいさん(支部長)であるということもあっていきなり同期3人が常任委員になってしまいました。珍事で、支部長も説明が大変だったと思いますが、常任委員になればこっちのもの?(どこが?)です。

 

 東京駅近くのビルがわーっとみえる最高の立地の会議室に20人以上のおばちゃんが集まるって壮観です。そして、新人の自己紹介で特技はなにか、つまりどの担当(経理とか,広報とか、イベント担当とかいろいろあるんです)を持ちたいのかを言わないといけないのですが、一般的な自己紹介の場合は、自分が何ができるかをいうような自己PRの場所なのですが、この委員会では、みなさん自分は何もできないみたいなことをおっしゃる。謙虚というか じゃあどうするの?というか、一般社会で、人ともまれて競争するような生活をしたことがない人たちばかりということなのでしょうか。 私パソコンできます。帳簿できますみたいなことをいうとチョー浮いてしまった。。。そんな奇人もいるんだ!って感じなのかなあ。

 

 まあ、自分でやりますといって手を挙げた以上は年7回の会議全部出席をめざして一生懸命役務提供をしようと思います。うるさ方のおばあさんがいっぱいで大変なのかなと思っていましたが、トップが同期だと、入り込みやすい。

 

なんで常任委員になろうと思ったの? やっぱりいい年になって、これからの人生どういきようと悩んだ時、仕事が欲しいというより、自分と価値観の共通項の多い友達と細く長くつながりたいからということなんだろうな。 今度歌舞伎一緒に観にいこうか、とか、着付け教室基礎をやってくれとか、あたしは親から引き継いだ着物の取り扱いに困ってるとか、親の葬式のパフォーマンスの大変さとかをですね。うだうだと会議後のランチでぼやいてました。これが現代に花咲く細雪(丸の内編)なのだ♪

 

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »