« 2018年1月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月29日 (日)

イギリス式庭園、フランス式庭園 日本庭園

 ちょっとお目汚しネタを書きましたので、今日はあたしらしく綺麗系で。

 

 今日は朝からいいお天気。ちょっと暑いかなというところでしょうか。こんな日は庭園に行く♪ということで、新宿御苑にでかけました。御苑の隣に東京税理士会の建物があっていますので、いつも横を歩いていますが、めったに中に入れません。ただじゃありませんし。でも今日はただの日。さすがに人が多い。

 

 御苑というからには、ここは皇室のものだったらしい。都心なのにやたらだだっ広い。この庭園の面白いところは 大きく分けて3つの庭園が作庭されています。すなわち、タイトルにあるようにイギリス式庭園、フランス式庭園 日本庭園

 

 イギリス庭園は、大きな芝生の上に木がぽつん ぽつん ぽつん たまに連なってって感じ。 フランス式は、シンメトリーな長方形の庭園で今、バラが咲いています。おフランスはこんな感じなの? シンメトリーというとあたしは、タージマハルを思い出しました。じとーっと暑いけどアグラからベナレスまでの寝台電車は、冷房が効きすぎて(調整が聞かない)凍り付くようだった。どーでもいいことですが。

 

 庭園とか美術品というのはその時代の権力者がどや顔で権勢を現したもののようですが、そういう目で見たら、作庭時代の権力者は皇室で、その人達の好みを表現したものなんでしょ。ただこの3つの庭園の位置とか広さとか考えると、圧倒的にイギリス式庭園がでかい顔をしている。東御苑のでかい広場もおんなじ雰囲気。つまり、イギリスの影響力>おフランスの影響力&日本固有の影響力

 

 日本庭園なのですが、通常なら東屋があるのですが、ここはなぜか中国(台湾風)の建物がどーん(ラーメン丼みたいな模様が目に焼き付いています)。台湾の方からの贈り物。 今に通ずる日本と台湾のあうんの関係がかいまみられます。いささか浮いた感じもしますが。

 

 奈良時代頃においても外国の文化や移民を受け入れ(支配のツールとしてインド・中国経由の仏教を国教としてますしね)、支配だ従属だと声高に叫んで血みどろの闘争をするよりも、時間をかけてブレンドして独特の精緻で優雅な文化に昇華させてきたのが日本という国という理解ですが、なんとなく新宿御苑はテーマパークみたいに金にものを言わせて3タイプの庭園をつくってみましたって感じに違和感を感ずるところもなくはない。まあ、お手頃価格でのんびりすごす都心のスポットと思えば文句はありませんが。

 

| | コメント (0)

2018年4月27日 (金)

ごきぶり

 花の話なんて優雅なことを書きましたが、現実はきびしい。すなわち、ごきぶりがまたもや出没する季節がやってきました。

 

 上京して10年以上、同じマンションに住んでいますが、以前は出没しませんが、最近はかなり出没します。出没する期間はきまっていまして、冬用のコートがいらなくなる3月末ころから床暖房が必要になる11月中旬ころまで ロングシーズンです。

 

 うっとおしいですから、ゴキブリ退治として秒速ゴキジェットプロは必須アイテム 何缶も購入してあちこちにおき、すぐ対応できるようにしています。今週中にまた購入しないと。

 

 あーうっとおしい。 ごきぶり退治に四苦八苦する生活から解放されたい。。。。 集中力がとぎれるんでね。これはやはり まずいでしょ。

 

 ということで、 神さま どーぞ。すみやかに(さっさと)ごきぶりに苦労しないようなところに住めますよーに♪   (優先順位ダントツ1位!)あいさつ回りより重要なことはいくつもあるのですよ。

 

 

| | コメント (5)

2018年4月26日 (木)

たーはお ぴぁおらん

 先日、ひたち海浜公園+足利フラワーパークにでかけました。毎度のはとバスワンデートリップです。

 

 私は、某庭園でボランティアガイドをしていることが縁となって花を見て心穏やかになるという楽しみを育みつつあります。その延長線上で 綺麗な花がみれるならちょっとみにいってこよう♪となった。

 

 ひたち海浜公園というといまブルーのネモフィラがいま見頃で、丘一面 ブルーはとってもきれい ただ至近距離でみると まあ。こんなものねって感じ。とにかく広いです。

 

 私的には、ネモフィラが見たくてツアーに参加して、足利フラワーパークは、ついでだったのですが、夕方近くについた足利フラワーパークに入園すると、花の色彩の洪水に、言葉を失うという表現が一番的確かなと。いま、いちばんの売りは藤でして、めちゃくちゃ広い藤棚から、膨大な薄紫の藤がしたたる風景、近くに赤やピンクのつつじが咲き誇り、遠くにでかい木から滝のように白や紫の藤がしたたる風景・・

 

 写真をとってPCにおさめて、いまもみていますが、この世のものとも思えないような幻想的な光景です。 夜も開園していてライトアップすると、また違った幻想的な世界がひろがっていくようです。

 

 息をのみながら歩くにつれ、耳に飛び込む言葉は 基本、中国語。 

たーはお(大好き→間違い 素晴らしいかな)ぴぁおらん(綺麗)こればっか。

 

 いったいどこからこの人たちは日本にやってきたの? そういえば茨城空港という標識が道路にありました。どうして作ったのかその意義が見いだせなかった茨城空港ですが、もしかしたら、中国の方の観光のためで、お近くの足利フラワーパークよろしく♪ という流れなのかもしれません。そりゃ、外国の人たちも感動しますわ。この世のものと思えないような花と色彩の洪水 お手入れに相当なお金がかかってるんだろうな。大富豪の誰かがバックアップ(足利フラワーパーク駅も今年できました。 両毛線ですが)し続けないと無理。

 

 フラワーパークは夢幻の世界でしたが、外はどこにでもある暮れなずむ田舎の風景がひろがっていました。

 

| | コメント (0)

2018年4月13日 (金)

トランプさんTPP復帰検討を指示だって

 いやー 今朝、早くから仕事しながらネットサーフィンしていたら上記のニュースが飛び込み 思わず一人で叫びました 「あたし 勝った!」

 

 なんでそんなあほなこと? いやー昨夜、お食事会があって、来週の日米首脳会談で何が話題になるかという話で盛り上がりまして、 内容の中心は、拉致問題を安倍さんは言うだろうなとか、あの国が本当に核の廃絶をするのかとか

 

でも、あたしの頭の中では、北朝鮮問題もするけど、たぶんそれだけじゃない。

中身の主要な部分としてTPPに入りませんかという安倍さんの営業トークだろうなと

 

なぜ、そう思ったのか。単純です。 昨日の首相動静で安倍さんがどういう会議をしていたのか。

 

午前9時2分から同10時16分まで、梅本和義環太平洋連携協定(TPP)等政府対策本部首席交渉官、外務省の森健良、山崎和之両外務審議官、鈴木量博北米局長、山野内勘二経済局長、浅川雅嗣財務官、横山紳農林水産省総括審議官、柳瀬唯夫経済産業審議官、田端浩国土交通審議官。

 

午後1時24分から同2時34分まで、梅本環太平洋連携協定等政府対策本部首席交渉官、外務省の森、山崎両外務審議官、鈴木北米局長、山野内経済局長、浅川財務官、横山農水省総括審議官、柳瀬経産審議官、田端国交審議官

 

だから。

で、昨日の議論で私が たぶん来週の話題はTPPで アメリカも参加してよ。 そのかわり関税の撤廃をしてよというんじゃないといったわけ。

 

そしたら、某教授が そうかもしれない。(ここで表情が変わる) でも5分でけとばされてNO!という。みたいなことをわりときっぱりといわれて、微妙にへこんでしまったのですが。

 

それで、今朝のこのニュース。ぎゃー 教授に勝った! いまだかつてなく、すかっとした413日の朝です。

 

 

 

| | コメント (11)

2018年4月11日 (水)

序の舞を観る

 

 実は、4月から、大学のエクステンションセンターで日本美術史を受講しています。ぱちっと人生を切り替えてるつもりですので。

 

 

 

 なぜ日本美術史かというと、今年、神社仏閣巡りの縁があったことと 今年の税制改正で 特定の美術品に係る相続税の納税猶予制度の創設(まだ関連法案が決まってないみたいでワークしてない)があって、何人もの人に、質問されたこと。質問されたことということは、たぶん将来、縁がふってくると勝手に解釈したから。

 

 

 

 で、生まれて初めて 美術史なるものを受講したのですが、これが超人気みたい。おばさん、おばあさん、じいさんがいっぱいだった。

 

 

 

 最初の授業は、縄文時代から古墳時代まで。 美術品というのは、その時代の権力者がどや!と自分の権威をみせつけるツールみたいなもの。まあそうでしょうね。金かかりますし、先生いわく、今年は、アートと政治、宗教をからめてお話してくださるみたい。声の綺麗な、深い知識の裏打ちのある方でいい気分で聞けますね。

 

 

 

 先生の授業の最初にプリントでこれから観られる日本美術館の展覧会の情報をいただいたのですが、せっかくだからと東京藝術大学美術館で 東西美人画の名作[序の舞]への系譜を鑑賞。 生まれて初めての東京藝大の敷地は、レトロな香りが漂う空間。東大の敷地と似たような雰囲気ですが、やっぱ生徒の醸し出すオーラが違います。

 

 

 

 今回の催しは、上村松園さんがメインですが、テーマが日本の関西、関東の美人画を集積したもの。関東は芸者さん、遊女みたいな人が結構モデルとなってまして、関西は、普通の綺麗な人がメイン。文化の違いがあるんだぁ。序の舞は上村松園(京都の人)の描いた、美人画の傑作といわれるもの、縦に長く 髷をゆったお振袖の女性が扇子を持った手をまっすぐ伸ばすの図です。

 

 

 

 この絵は、時の経過で傷んだみたいで修理をして、今回は修理後のお披露目展示みたいなものなのでしょうか。ビデオをみてたら、この修理代は バンクオフアメリカとメリルリンチがだしたといってました。なぜ、アメリカ人なの? 日本人はお金がないの?そんなことないでしょ。ある人あるはずです。 だって美術品の納税猶予なんて制度をつくるくらいですからね、

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2018年4月 8日 (日)

もし、(仮称)「やさしい日本語財団」を作るなら

目的:

 日本に住む外国人の数が増えている。これは、少子高齢化による労働不足により将来的にも継続されることが予想される。

彼らの生活に対する不安の要因として日本語の難しさがある。日本語が難しいことからコミュニケーションに支障が生ずるからである。日本語が難しいと感ずるのは、当人の努力不足だけでは決してない。

そこで、やさしい日本語の普及を図ることにより、日本における共生社会の実現に貢献することを目的とする。

 

事業:

 

l やさしい日本語としてどのように表現すればいいのか。情報を集積し、HP等で公開し、常に更新し、誰でも閲覧できるようにする。

l やさしい日本語を使い外国人をサポートできるようなボランティアの養成のための講座を展開する。

l ボランティアベースで、外国人に対して日本語を教えている団体に対して一定の審査を経て、助成を行う。

l その他 やさしい日本語の普及に必要な活動

 

                          以上♪

| | コメント (0)

やさしい日本語

 日本語教師云々と書いていましたら、 日経新聞の昨日の夕刊でやさしい日本語の記事がトップ面に載っていました。

 

 私自身の経験で、 災害時、外国人に情報を提供するときの日本語のポスターを外国人にもわかるようにやさしい日本語に変換させるという研修を受けたことがあり、とても勉強になりました。いかに、自分の日本語が難しいものかということを認識できたので。

 

 そして、実際に外国人対応のサポートの仕事をしてやっている複数の人から教えてもらったのは、日本で生活する限り、多様な場面で使える外国語の精通者ではなく、やさしい日本語をつかえる人に対する需要があり、実はこれができる人が不足しているそうです。

 

私たちは日本語の中でも自分の生活や仕事環境という狭い世界の中ではスムーズにコミュニケーションができる日本語の中の日本語のような共通言語の世界にひたっているのかもしれれません。それが特殊ということに気づいていないのかもしれません。なんとか生活して、仕事ができるから。でも特殊言語ですから、外国人が聞いたら何をいっているのかわからない。外国人だけでなく、日本人でも、理解できるグループからはずれた人たちからしたら何をいっているかわからない。

 

 共生社会を日本がめざすなら、マルチリンガルな人をいっぱい作るより、やさしい日本語が使える人をいっぱい作る方がいいかもね。

 

 記事にもありますが、 やさしい日本語生活ラインというのがあって 

二重否定は避ける 通れないことはない →通ることができます。

健康保険証 → 病院で使うカード のようなものがあります。

 

これって 弘前大学研究室の資料を基に作成とありますが、 その資料にたどりつけないと見れない特別なものではなく、 誰でもネットにつなげればみれる。わからないときはそれをみて参考にする。また、やさしい日本語というのは偉い先生が部屋にこもって作るものではなく、 そこらの普通の人があーだこーだといいながら作り、時代や状況の変化に応じてフレキシブルに変化させる方がいいような気がします。

 

ウィキペディアのような書き込み可能なサイトを作る。しっかりした管理人とルールが必要であり、長期間の使用に耐えるものにする。そのためにはいっぱいお金がかかります。メンテナンスも含めてね。でも、箱物を無理やり作って予算を消化させるようなことをするよりも、継続的に日本にとって役立つ気もするのですが お金はですね大富豪、中富豪、小富豪の皆様から寄付を募って財団を作ってそこを受け皿にしてやる。

 

これを自分という世界に落とし込むと日本語教師で、日本語を学び、それを教えることにより知識を知恵に転換させて、反省して、またブラッシュアップさせるという位置づけかな。

 

 

いかがでしょうか。

| | コメント (1)

2018年4月 6日 (金)

なんで ふっと 日本語教師と書いたの?

 前回書いたブログに日本語教師と書いていましたが、なんでと思われる方がいらっしゃるかもしれません。

 

 これは、新規のトンデモ分野ではなく、いままでのつながりの延長なので。

 

 だって、私が使い物にならないばあさんに成り果てるのは予想では30年後ですが、そのころの日本ってたぶん、少子高齢化のトンでも世界で、まわりはほとんど使い物にならないじじばば、 

 

 国が破綻していなかったら、みなさん多かれ少なかれ介護施設のお世話になってるはず。

で、そこで働いている人はどんな人というと? 少子高齢化でございますから、日本で生まれ育った日本人ってマイノリティで、外国からテンポラリーかパーマネントかわかりませんが、来られた方がマジョリティかなと。

 

 彼女(彼もあるかも)にとって、この仕事はいやかもしれないけど、いろんな事情でやらざるを得ない。一方利用者さんであるあたしたちにとっては、いろいろ不満はあるけど命綱でもあるわけで、それでも最後の時間を助けてくださる彼女たちに対する感謝の言葉すなわち「ありがとう」は、せめて、彼女たちの母国語(インドネシア語かベトナム語かタガログ語かそれ以外かわかりませんが)でしたいとともに、何等かのお手伝いを先行してできたらきっとどこかで返ってくると自分勝手に思いめぐらしてひらめいたのが日本語教師! (だって日本語しゃべれて、とりあえずは社会福祉士ですから  税理士としての長期間のノウハウは直接的には役に立たないけど、でもみんな年取るし、生き残るためにはここら辺の分野(高齢者だけでなく、働いてくださる将来的にはマジョリティになる方とつながり続ける)かなと。既存の仕事を捨てるのではなく世の中の想定できる変化に対応して自分も先んじて変化していく方向としてこれは合理的かなと)

 

 いかがでございますでしょうか♪

| | コメント (3)

2018年4月 5日 (木)

これから1年に学ぶことは

 チョー久々のブログ更新です。 やめたわけではありません。いろいろ、いろいろ、ありまして、ブログを書くという作業のために頭も動かなければ 手も動かなかった。そういう時期だったのです。が、季節はめぐり 4月となりましたので、心穏やかに指と頭をちょっと動かします。

 

 毎年、目標を決めて、私は仕事以外のテーマで勉強したりおけいこに励んでいたりしています。ここ数年は、語学(英語+α)と音楽でしたが、これから一年はがらっと変えて、日本を学ぶ。。。

 

 日本を学ぶといっても日本に住んでいる日本人ですから、日々の生活や仕事の一つ一つが学びの対象なのですが、そういったら始まらない。

 

 今年は縁があり、これから、神社仏閣、美術を観る機会が降ってきましたので、日本美術を学ぶ。そして 日本のおけいこ道のひとつ書道を学ぶ。なぜ、書道か? 実は親戚のおばさん(華道のえらいさんだった人)に日本の文化で何を学べばいいのかと相談したところ、華道だ茶道だとアドバイスを受けましたが、いまいちピンとこない。金もかかりますですし、そこでそんなにお金もかけず、実践で役に立つものはと探すとやはり書道。 字は書き続けますから。 以前も少し習いましたが、自署だけは、うならせるような草書で

 

 あとは、文化ではないですが、財政学ですね。 税金はあくまでも日本という国から考えると資金調達のツールの一つにすぎませんから。

 

 ここら辺はすでに確定しているフィールドです。ここら辺がある程度消化できたら、今年の後半か来年からは日本語教師の勉強をしようかなと。 日本語をきちんと学ぶ。日本語を外国人の方に教えるという体験を通じて、日本人と日本文化の理解を深める。そこからの学びから課題を抽出し次の展開にいかす。

 

 

 

| | コメント (1)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年5月 »