« やさしい日本語 | トップページ | 序の舞を観る »

2018年4月 8日 (日)

もし、(仮称)「やさしい日本語財団」を作るなら

目的:

 日本に住む外国人の数が増えている。これは、少子高齢化による労働不足により将来的にも継続されることが予想される。

彼らの生活に対する不安の要因として日本語の難しさがある。日本語が難しいことからコミュニケーションに支障が生ずるからである。日本語が難しいと感ずるのは、当人の努力不足だけでは決してない。

そこで、やさしい日本語の普及を図ることにより、日本における共生社会の実現に貢献することを目的とする。

 

事業:

 

l やさしい日本語としてどのように表現すればいいのか。情報を集積し、HP等で公開し、常に更新し、誰でも閲覧できるようにする。

l やさしい日本語を使い外国人をサポートできるようなボランティアの養成のための講座を展開する。

l ボランティアベースで、外国人に対して日本語を教えている団体に対して一定の審査を経て、助成を行う。

l その他 やさしい日本語の普及に必要な活動

 

                          以上♪

|

« やさしい日本語 | トップページ | 序の舞を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やさしい日本語 | トップページ | 序の舞を観る »