« 御影蔵 | トップページ | 七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞ悲しき »

2018年5月28日 (月)

こぶりな掛け軸の見返り美人

 日曜日、 東京国立博物館で「名作誕生-つながる日本美術」を鑑賞しました。昨日が最終日だったみたい。

 

 東京の価値っていったら、いろいろあるけど私はアートは東京中心だと思います。有名どころの美術館がいっぱいあって、本邦初公開みたいなやつは東京スタートがほとんどだし、東京だけというのもある。美術館代なんてたかがしれてます。心がなんとなーく豊かになる。これはいいことです。

 

 で、タイトルの特別展でしたが、なかなか見ごたえはありましたが、印象に残ったのはかの有名な見返り美人のこと。以前、上村松園のでかい序の舞をみて圧倒されましたが、逆に切手にもなっている有名な見返り美人が、小ぶりな掛け軸の絵なんですね。赤い振袖をきた、若い女性(実はあんまし美人じゃない)がふっと後ろを振り向いているの絵。とてもインパクトがあります。でもこれって国宝でも重要文化財でもないのですね。芸術的には今いちということ? でも見返り美人は人気があるから、オークションにかけたら落札価格ははんぱないでしょうね。

 

 私的には見返り美人もいいですが、ぜひ フェルメールの青いターバンの少女(真珠の耳飾りの少女)を観に オランダへ行きたい。いや、絶対にいくのだ♪

|

« 御影蔵 | トップページ | 七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞ悲しき »

コメント

まあ、同じ遊休不動産と言っても、丹後の物件は客観的には全くの無価値、大阪の物件は古いと言っても価値はある。同じ土俵で論じるのは無理がある。

嫁の親戚が引き取ると言わなければ、固定資産税がかかるだけの無用の長物だからなあ。日常的にメンテをお願いしなければ5年もすれば完全に朽ちる。金かけてメンテするだけの値打ちのない物件。

遊休不動産に対する見方が違うというより、遊休不動産自体が異なる。

投稿: 通りすがりの人 | 2018年6月28日 (木) 14時37分

いわゆる遊休不動産に対する見方が、通りすがりさんと私では180度違うということでしょうね。

私も将来的にどうなるかはわかりません。東京で根を下ろせる場所に引っ越ししたり、親族等の状況に変化があればどうなるか。

今はそんなこと考えてません。24時間365日 一点極限状態が続いたので、いったん仮締め精算してくれです。

投稿: 信託大好きおばちゃん | 2018年6月28日 (木) 13時25分

丹後の元別荘は嫁の親戚の愛人に住まわせる代わりに物件管理・掃除等を依頼し、我々家族が利用するときは無条件で使うって感じで使っていました。だから、物件管理の労力はかかりませんでした。ただ、使ったあと帰る際に掃除をして帰る、それが面倒くさい。

それ以上に嫌だったのが、その物件に行くまでの距離・時間。往復1日かかる。


更に嫌なのは、年数万円の固定資産税。


義母はこの物件に500万円近く費やしたそうだが、これをREITで運用したら、年15~20万円くらいで運用できる。

「金持ち父さん貧乏父さん」のロバート=キヨサキによれば、不動産は負動産なんだそうだが、自分も遊休不動産を保有して強く同感した。

投稿: 通りすがりの人 | 2018年6月28日 (木) 08時52分

そんなに煩わしくないです。あそこのマンションは非常に管理人が優秀ですし、管理組合もしっかりして連絡がきちんとなされるので状況がよくわかります。マンションの管理について今後とも深く学びたいので(これは将来もなくならない)、学びの場所として価値ありです。

都心でもあれほどの古マンションは、稀でしょうね。マンションというのは高けりゃ、新しけりゃいいわけじゃないんだよというのを教えてくれます。

投稿: 信託大好きおばちゃん | 2018年6月28日 (木) 05時06分

遠隔地の資産管理煩わしそう。

義母が丹後半島の先端に別荘用の家を遺してくださったのですが、10回ほど使用したけど資産管理が煩わしいので、嫁さんの親戚に贈与しました。

義母がこの家屋を購入するために使ったかねと維持費で考えたら、おそらく一泊20万円くらいになったと思います。

投稿: 通りすがりの人 | 2018年6月27日 (水) 15時29分

通りすがりさん ありがとう。たぶん大丈夫でしょう。給湯器が4月ころに壊れたみたいで止めてもらってるし。お盆に戻った時に確認してみますわ。

投稿: 信託大好きおばちゃん | 2018年6月23日 (土) 12時28分

地震きついわ。

被害は無いけど、娘が体震わせていたよ・・・

信託おばちゃんのマンション大丈夫かな

投稿: 通りすがりの人 | 2018年6月18日 (月) 08時28分

ありがとうございます。信託大好きおばちゃんです。最近、リアルの出稿が多くて、ブログであまり書けてません。

ここは、最終結論を書くところではなく、思いついたときに思いついたことを書くところですので(つまり、専門家責任どーたらこーたらの枠外ちゅうことです。)きばらず、気軽にどーぞ。

投稿: 信託大好きおばちゃん | 2018年6月 6日 (水) 06時51分

名古屋の税理士です。信託に興味を持ち今後力を入れていこうと考えております。相談、情報交換出来ればと思いコメントします。よろしくお願いします。

投稿: 高橋賢二 | 2018年6月 5日 (火) 18時25分

今日は通りすがりさんは暇そうですなあ。舌好調な感じもします。業界的には忙しい季節の最後らへんですが。

まあ、お互いてきとーに成長していきましょう。

投稿: 信託大好きおばちゃん | 2018年5月28日 (月) 13時06分

>私もそうですよ。

イタイ勘違い女?イタイやつを冷ややかに見る人?

文脈からは後者だろうけどね。

ときに、アラフィフの美魔女もどきの勘違い女は病的。

投稿: 通りすがりの人 | 2018年5月28日 (月) 09時36分

私もそうですよ。
どんなイケメンとの食事会に参加しても、本日は、いいものを長時間拝見させていただきありがとうございました。ってペコっと頭下げて、それでおしまいですからね。

投稿: 信託大好きおばちゃん | 2018年5月28日 (月) 08時48分

菱川師宣筆の書画。

有名なそれらしい名前の作品は別の意味の隠語として使われることも多い。

○○の代償に便宜を求める美女。

2年ほど前に某先物取引業者の女性担当者がしきりに食事にさそう。この30半ばの女は、自分と食事したらメロメロになると思ってるんだろうな・・・キモい

もうそんなリキ無いで・・・

投稿: 通りすがりの人 | 2018年5月28日 (月) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 御影蔵 | トップページ | 七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞ悲しき »