2008年5月 5日 (月)

篤姫さま、いざ、大奥へ♪

篤姫さまとは、いわずと知れた今年のNHK大河ドラマの主人公です。最近、大河ドラマは、あんまり面白くないから見ていなかったのですが、今回は食い入るように見ていますねえ。なんか惹きつけられるんです。篤姫さまやら他の登場人物に。

篤姫さまは、島津家の分家の出身ですが、島津斉彬公に見込まれて、まず、斉彬公の養女となり、武家の娘では問題があるということで、その次は、近衛なんちゃらという、ドラマでは春風亭小朝が演じているエライ公家さんの養女となり(出世魚みたいに名前がどんどん変わっていくのですよね。)、徳川家定将軍の御台所(本妻)となられます。家定将軍さまが早逝されたことから落飾され天璋院となられ、徳川幕府の終結を無血で成し遂げるために多大な貢献をなさったそれはそれは立派な方だということです。

女性のスーパー出世物語ですねえ。 男性のスーパー出世物語というのは、しゃかりきに働いて社長になるというようなものですが、女性の出世というのは、この当時(いまもそうかもしれませんが)えらい人の奥さんになることです。奥さんになった瞬間に、その人の過去の身分はデリートされ、今まで上座に座っていた義理の父も、下座でひれ伏すことになる。

将軍の御台所という地位は、努力したから、美人だから、性格がよかったからなれるものではなく、その人を将軍の御台所にしたいと思う人にどれだけ力があったかで決まってしまうのだなあと思います。後ろ盾である人の力が圧倒的に強い場合は、すっと決まるけど、派閥争いなんかに巻き込まれると、なかなか決まらない。篤姫も薩摩や江戸で立ち往生していました。宙ぶらりんになると一番困るのは篤姫なのですが、彼女はどうすることもできない。なにせ、後ろ盾の力関係で決まってしまうものだから。

これって、なにも将軍の御台所人事に限らないと思います。トップ人事というのは、えてして権力闘争に巻き込まれ、ほんとうにふさわしい人ではなく、力のある人にとって使い勝手のいい人がなってしまうような事例がいくらでもあるような気がします。そして、ほんとうに実力のある人は、最終的にはNO2までしかなれない。また、最後の競争でなぜか負けて去っていく。

努力したからそれにふさわしいポジションが与えられるというのは理想ですが、実際には稀なのかもしれません。

さて、篤姫さまは、前回、めでたく、大奥に向かわれました。出世街道をすっと昇っていく彼女はきらきら光ってましたね。今後の展開が楽しみです♪

| | コメント (0)

2007年11月 2日 (金)

ジャッジ (命)

 またまた、NHKで、土曜日の午後9時から放映される裁判官のドラマ「ジャッジ」ネタです。

先日、NHKで第3回目を試写させていただいたお話をこのブログで書きましたが、そのときに第4回目のDVDをお土産(でも貸与って書いてるな)にいただきました。といっても、信託大好きおばちゃんはDVDデッキを持っていなかったんですね。

「ジャッジ」を先に見るためと思って、ヨドバシカメラにでかけて、6,980円のDVDレコーダーを買いました。生活レベルがわかってしまいますね。

4回目は、交通事故をおこして子供さんを死亡させたお母さんを、主人公である裁判官がどのように裁くかということが太い縦軸となっています。

彼女の起こしたことは、故意でも悪質でもありませんが、子供さんを死亡させ、そのお母さんも重傷を負わせることになった。これは非常に重い。だから、彼女に重い罰を科すべきという考えもある。

彼女自身、2人の子供の母であり、今、彼女が罪を償うために刑務所に入れば、子供たちの生活を誰が面倒をみるのか。だから、執行猶予をつけるべきという考えもある。

どちらにもハッピーという解はないのです。このような状況で、彼はどういう判決を下したか。

このような状況は裁判官だけではないと思うのです。いろんな利害関係者がいて、その中で、なんらかの判断を下さないといけない。しかも、どのような判断であっても、みんながハッピーになれることはない。必ず、しこりを残す。

大切なのは、いろんな外野の声に揺れず、現実を冷静に見つめ、覚悟してつらい判断を下す勇気なのでしょうか。突風というか激震が走っても揺るがない。その判断が正しいなら、時間がかかってもわかってもらえるだろうから、というようなことを教えてくれる作品です。

| | コメント (0)

2007年10月25日 (木)

ジャッジ (告白)

実は、先日、縁があって、NHKテレビ番組の試写会に行ってまいりました。

いや~ NHK放送センターの中に見学者としてではなく入るなんて夢にも思っていませんでした。信託大好きおばちゃんにとってテレビとか芸能界っていうのはずっと雲の上でしたからね。上京してよかった!ブログ書いていてよかった!と本当に思いました。

で、放映より前に見させていただいたのは「ジャッジ」3回目です。妻が夫を殺したのですが、なぜ彼女は夫を殺したのかという原因を求めていくのが太い縦軸であり、それぞれの家族の絆が横軸ではないかと思います。

心の機微が鮮やかに描かれていて、どんどん引き込まれていきました。作られたディレクターの方とお話させていただいたのですが、なぜ島の裁判官を主人公にしたかというと島の裁判官だとなんでもかんでも裁判になることを処理しなければならないので、日本の裁判の縮図が描けるから(おぼろげな記憶に基づいています。間違っていたらごめんなさい。)だそうです。

美しい島の景色と、登場人物の心の揺れが調和していて、うるうると涙腺を潤みそうな作品です。

今週の土曜日(1027日)の9p.m.からNHKで放映の予定です。

| | コメント (0)