2011年3月 9日 (水)

実践ビジネス英語

 信託大好きおばちゃんの英語の師匠である大島さくら子さんが、週刊エコノミスト 2011/3/15号の第2特集 「覚えて役立つ これだけのビジネス英語」で寄稿されていらっしゃいます。

見開き8ページ分ですね。ビジネス雑誌でこれだけ書けるなんて凄いなあ。師匠の出世は弟子の幸せです。

中身は 初対面のあいさつ/アポの取り方/会議/接待/出張

    ビジネス対応 受ける、取り次ぐ、かける

    英文emailの書き方

    経済記事を読む為の必須英単語140

いままで、出版された書籍のエッセンスのような英文がちりばめられています。肩肘張って読むようなものではなく、さっと読んで、確認するというようなものかな。ただ、ここでちりばめられた文章の切れ端でも、英語が必要になったときに、ぱっとひらめいたらきっと役に立つと思います♪

|

2011年3月 8日 (火)

7分間の新幹線劇場

日経ビジネス20113.7月号の特集は最強のチームであり、その中で「世界最速の清掃現場 7分間の新幹線劇場」という記事があります。

 この記事でわかったのは、新幹線が東京駅について、お客さんをおろして、清掃して、再びお客さんを入れるまでの時間というのは12分で、お客さんの乗降時間が5分くらい。残り7分が、掃除タイムらしい。

 この7分で、清掃を完璧に行うというのは、神技に近いことのようです。 ごみを拾い集め、シートカバーを代え、テーブルや窓枠を雑巾で拭き、めちゃくちゃ汚れたトイレも清掃して、それをチェックして完了を確認するまで7分だそうです。

 原則、11両。 チームは22人で、チームのトップが統括主事の下に補佐役の主任2人とベテラン2人がいて、その下に実働部隊がいるようです。

 この掃除のチームのメンバーの特徴は、おばちゃんが多い。リーダーもおばちゃんが多い。ただ、掃除のおばちゃん軍団と笑ってはいけない。 海外に新幹線を売り込む際のセールスポイントのひとつとしてアピールしているらしいし評価もされている。短時間で確実に掃除を完了させることは、凄いことだから。

 このチームがうまく機能しているのは、リーダーのおばちゃんの気遣いがあるから。たかが掃除のおばちゃん軍団と笑うなかれ。20人の多様な人材を使って完璧に仕事をこなし続けることができるマネージメント力というのは、そこらの会社の組織に乗っかっている管理職より凄いのかもしれませんし、そんなおばちゃんをおそらくきちっと処遇し続けているJRも、たいしたものなのかもしれませんね。

|

2011年3月 2日 (水)

レディスオーダースーツ

 今朝の日経に「オーダースーツ、私も1着 働く女性さっそうと」という記事があります。

 女性向けオーダースーツ(とはいってもパターンオーダー、つまり、既製服と仮縫い付のオーダーの中間)について、こんな記事が日経にのる時代になったんだな、ちょっと感無量です。

 この分野はずっと、ずっと、超マイナーでしたから。

 私は、スーツに関しては、以前からパターンオーダーでやっています。大阪で仕事をしていたころ、インターネットで、レディススーツの店を探して、一軒見つけたので、そのお店、吉村さんを利用させていただいています。上京してからも、東京にもお店があるので、そちらを利用しています。インターネットでアポとって、お店にでかけて、商談して3週間もすると、自宅に送り届けていただけます。

 なぜ利用させていただいているかというと、きっちり仕事をしていただいて、かつ、リーズナブルだから。

 記事によると三陽商会さんのは、17万8750~20万8950円だそうですが、私の場合は、5万円から10万円内に納まっています。10万円近い場合は、生地がイタリアのそれこそロロピアーナやゼニアクラスなのですけどね。

 私としては、上等なウールのスーツより、日本製のストレッチのきいた生地の方が使えます。伸びますから(笑)。

 このお店の方ともお話したのですが、最近は、バーゲンシーズンになると、物凄くスーツが売れるそうです。スーツを着て、働く人が増えたことが要因のようです。価格的にもパターンオーダーの場合は、既製服とそんなにかわらないし、容積が増量した場合は、調整していただけるので、長期間利用できます。

 というわけで、超富裕層ではない働くおばちゃんがパターンオーダースーツのいいお店と仲良くしておくことは価値ありです♪

|

2011年2月26日 (土)

葛飾北斎 富嶽三十六景

 たまたま、ご縁がありまして、先日、世界的なオークション会社であるクリスティーズのオークションの下見会に出かけました。

 323日に、ニューヨークで、日本・韓国美術のオークションが行われるそうで、そのオークションの前に、潜在的購入者(富裕層や美術館関係者か?)の方にお見せするようなものだと思います。信託大好きおばちゃんは、もちろん、潜在的購入者ではありませんが。

 今回のオークションの目玉は狩野内膳の「南蛮屏風」。金きら金の屏風ですが、入り船と出船があり、人々の賑わいがあり、なかなか華やかなものです。屏風との距離、10センチくらいで拝見しましたが、もし、息を吹きかけて、金箔がはがれたらどうしようと、内心どきどきしていました。

予定価格は3億円から4億円の間。このように書くと、途方もない金額に思えますが、日本人は、ゴッホのひまわりに、うん十億円というお金を払っていますからね。日本美術のオークションの落札価格は低いそうです。もっと、高い値段で買ってください!

 さて、タイトルの葛飾北斎 富嶽三十六景ですが、今回の下見会では、隅田川関谷の里を拝見しました。版画で、色鮮やか。 予定価格は、100万円弱。 南蛮屏風と比較すると非常にリーズナブル。版画は何枚も存在しているから価格も安くなるらしいです。初刷りと 重刷とでは、たとえば、髪の生え際などの描かれ方が異なるようです。初刷りは、細かなラインもわかりますが、重刷すると、原版が磨耗するのでしょうか、細かなラインがわからなくなるそうです。

富嶽三十六景というのは、36枚の絵から成り立つのではなく、46枚の絵から成り立っているらしいです。ですから、セットで36枚お売りしますという売り込みがあったら、それは、無知な贋作ということ。

ちなみに、安藤広重の東海度53次は53枚ではなく、55枚だそうです。

こういう豆知識をちょこまかとインプットしておくと、意外と役に立ちますね。

|

2011年2月25日 (金)

スターバックスのハウスブレンド

いま、入力しているPCの横に、スターバックスのハウスブレンドの箱があります。

スターバックスは、どこにでもあるコーヒーショップなのですが、スーパーで、自宅用のコーヒー5カップ分が売っていたので、ためしに買ってみたところ、はまってしまいました。

 カップの上に 紙でできたドリッパーを置き、お湯をいれるだけでできあがり。味は、外で飲むコーヒーと同じ。

 私は、太陽が昇っている時間帯にも、考えて、調べて、書いて、チェックしてという作業をしていることが多いのですが、気合が入らないと、あっち、こっちに思考が飛び、時間だけが過ぎていくことも多い。そんなときに、このコーヒーを飲むと、渋く、刺激が残るので、集中できるようになりますね。

300円以上はらって、スタバ入るのは、なんだかなですが、1杯、100円で、仕事が加速できるならば、非常に魅力的。

|

2011年2月16日 (水)

どうしたら銭湯の人気が戻るだろう?

 今朝の日経の記事から

東京都内の銭湯組合が新たな顧客層の開拓に力を入れている。銭湯の情報を調べられるスマートフォン用ソフトを作って若年層を呼び込んだり、外国人観光客向けのサービス向上に取り組んだりする。利用者数の減少を受けて都内の銭湯はピーク時の3分の1に減っている。銭湯になじみの薄い層に一度、体験してもらうことで、繰り返し利用するリピーターになってもらおうという試みだ。

 温泉探訪に命をかけている信託大好きおばちゃんですが、よくよく考えてみると、近所の銭湯にいったことがないです。昔、阪神大震災で、1ヶ月くらいお風呂が使えなかった時期があったのですが、あのときは、会社が入っていたスポーツクラブのお風呂や、ニュージャパンにお世話になったけど、銭湯には入っていない。

 銭湯というと、公衆浴場、銭湯の中に温泉のものもある。麻布十番に銭湯があって、いつか行きたいなと思っていたけど、いつの間にか、なくなってしまっていた。

 都心の一等地で銭湯ビジネスは採算があわないのでしょうね。あえて、銭湯に入りたいという人の数は限られているし、入湯料はしれているけど、固定費はかかる。よって、廃業して、他のビジネスに模様替えする。

 温泉をがんばって掘り当てて、天然温泉で売ると、都心ではめずらしいので、集客効果はあるけど、ただの銭湯だったら、それだけでなかなか客は来ない。

 私は、個人的に、ドサまわりのお芝居がとっても見たくてうずうずしているので、これを併設してくれたら、いくらでもいくのになあと思って。 だって、本格的なドサまわりのお芝居って都心では見れないでしょ。地方にでかけると、、国定忠治のポスターなんかが張ってあって、いい感じだなあ。 是非、都心、それも下町ではなく、華の港区の山手線の内側にどーんと芝居小屋併設の銭湯を作ってほしい、意外と人が集まりますよ。

|

2011年2月15日 (火)

なんで、ショーケンばっかりもてるのか?

今朝は、バルコニーの植木鉢にも雪がつもっています。

 今日は、芸能ねた

 ショーケン(萩原健一)が、4度目(事実上5度目)の結婚をしたらしい。

 相手は、富田リカという12歳年下のモデル。といっても48歳だけど。。。

 ショーケンも還暦なんだあ。ショーケンというと、私は、「太陽にほえろ」(石原裕次郎主演の刑事ドラマ)のマカロニ刑事役や、かの水谷豊と競演した「傷だらけの天使」の印象が強烈に残っています。40年前くらいの番組ですが。。。

 彼は芸というよりも華やかな結婚歴とトラブル歴で、何年かに一度は、マスコミをにぎわし続けるスター。

 凄いのは、結婚相手が、よりにもよって、女性からみてもいい女ばっかしなんですよね。

 なぜ、なぜ、なぜなのか。。。

 たぶん、子どものような無垢な心をキープし続けているところがあるのでしょう。口ではつっぱったことをいっても、ふっと、純真な心が透けてみえる。可愛いんでしょうね。だから、何をしても、目を細めてみることができるけど、ショーケンは、たぶん調子にのって、一線を越えてしまうところがある。ゆえに、心惹かれるけど、こりゃだめだということで、去っていく。でも、去った女性から罵詈雑言が聞こえたことはない。

 このような魅力は、成長して作られるものではない。天然なんでしょうね。よって、世の男性がショーケンの真似をして生きようとしたら、人生が破綻し、それでおしまい となるのではないかなあ。

 

|

2011年2月 7日 (月)

江 姫たちの戦国 長女は不幸を背負うのか?

 日曜の夜は、江 姫たちの戦国を毎週見ています。 昨日は、本能寺の変で、なんか、トヨエツの織田信長がかっこよすぎましたね。

 主人公の江ですが、あの顔の両サイドにある赤いゴム?が気になります。あれ、やめた方がいいと思うけど。

 わりと昔から歴女していたので、江さんの存在は知っていました。彼女自身の人生、特に前半は、翻弄され続けましたが、彼女の子どもたちが、長きにわたって、日本のセレブとなって支配し続けていること(将軍と、天皇の后)を考えると、うらやましいですよね。

 ただ、この一族を見て非常に気になるのは、長女は、不幸なんですよ。

 江のお姉さんである長女の茶々は、ご存知、淀殿であり、最後は、秀頼と一緒に大阪で自決しています。当初は、お江さんより出世しましたが、最終的に大逆転される。

 江の長女は、千姫で、秀頼と幼くして結婚しますが、大阪落城により戻され、また、別の男と結婚しますが、先立たれる。

 天皇のお后になる和子は、5女。お姉さんより桁違いに出世することになる。和子は女の子を産み、その子が天皇になりますから、物凄く偉い。

 長女が幸せになれず、末っ子が登り龍運命を背負った一族なのですね。

 そして、末っ子は、財産ではなく、人を残している。

 この運だけは、自分の力ではどうすることもできない。大河のような流れの中で自分はどういう運命が待ち受けるのだろうか。 財産より、人を残す人生ならいいのにね。

|

2011年1月23日 (日)

取材旅行 奥多摩温泉 もえぎの湯

今日、天気もよく、超寒くもなかったので、メトロガイドの写真に萌えて、奥多摩温泉もえぎの湯につかりに行ってきましたぁ。

 もえぎの湯は、JR青海線の終点奥多摩駅から徒歩10分ということですが、もっと時間がかかったかもしれません。

 中央線の快速、青海行きに乗ったのですが、これが、結構、かったるく時間がかかりますね。ようやっと青海駅についたら、奥多摩行きに乗り換え。出発まで20分近くありました。

驚いたのは、青海からの電車のドアが、手動で閉めれること。寒いから。

数年前に、野沢にスキーに出かけたとき、長野駅から戸狩駅まで乗った電車も同じようなタイプでしたが、あっちは、雪国走行。

 電車の中で驚いたのは、フル装備のハイキングというか登山のお客さんが多かったこと。信託大好きおばちゃんは、ユニクロのダウン(つやなし)にリックサック(バスタオルが入っている)+トートバッグ(もちろん、ブランドムック)で、浮いてたかな。

 青海線は、雰囲気がぐっと変わりましたね。これが東京都か! 山間の谷間を電車は走るのですが、景色が、よくある山村♪ 奥多摩駅周辺は、いわゆる、うらびれた駅前。お店屋さんもあんまり開いていない。でも、今回の目的地であるもえぎの湯の看板がしっかりかかったていたので、それをしっかりチェックすると目的地まで到達できます。予想よりも遠かったかな。なーんもない山道をとぼとぼと歩きました。天気がよかったから、まあよかったけど。

 で、もえぎの湯。 内湯がひとつと、露天風呂がひとつ。内湯はちょっと熱かった。ここのお薦めは、露天風呂。渓谷の景色をながめながら、ぼーっとつかれます。弱アルカリで源泉100%の透明なお湯。癖はないですね。全身浴したり、半身浴したりして、温度調整をすると長くつかれます。

 あと、よかったのは、食堂(レストランじゃないな、あれは)の料理。私は、日本酒と、刺身と川魚の焼き物がついているランチをいただきました。このお魚がよかった。不思議な味の炊き込みご飯の上にお魚を乗っけて食べると、なかなか、いい気分♪

 温泉につかるというだけの目的でいくのは、なんだかなあですが、ハイキングの後で、つかるのだったら、まあいい塩梅なのかな。でも、都心からは遠いなあ。3時間近くかかるのはきつかったぁ。

|

2011年1月21日 (金)

ショコラティエ・エリカ

信託大好きおばちゃんの大事な情報源、それは、メトロガイド メトロ(東京の地下鉄)の近くに置いてある月刊のフリーペーパーです。必ず、毎月、読んでいます。

 20112月号は充実しています。 都内銭湯&郊外温泉の特集があります。この近郊温泉 ごりやくの湯 紅富士の湯、てのゆ、もえぎの湯。写真でみたところ、おばちゃんの中の温泉につかりたいという欲求がむらむらとわいてきました。そのうち、このブログで報告があるかもしれません。

 気になった広告としては、第20期歌舞伎音楽(竹本)研修 第15期歌舞伎音楽(鳴物)研修 第7期太神楽研修 研修生募集の広告 国立劇場が広告主なのですが、へーーーっつ 竹本と鳴物は男子だけだけど 太神楽は男女OKみたい 原則23歳までだからおばちゃんは無理だけどね。人材が必要なのはわかるけど、ここで求人募集して、応募があるのかなあ。

 で、タイトルのショコラティエ・エリカは、温泉でもなんでもなく、チョコレート屋の名前。

メトロガイドに東京探訪という連載があって 今回は白金台周辺で、その中で紹介されています。

 白金台も結構広いのですが、シロガネーゼがたむろっているといわれているプラチナ通りが有名です。プラチナ通りはゆるやかな坂道なのですが、この店は、大分下がったところあたりにあります。茶色のちょっと派手なでかいマンション(ファミールコート白金タワーズ)より、ちょっと、上。近くにはミシュランで有名なカンテサンスがありますね。

 この店は、私が通っている早稲田の英語のクラスの受講生仲間である某社長がホワイトデーで大量に購入しているところとして教えていただき、その後、お客様への手みやげやお歳暮に利用させていただいています。8月は、チョコレートがだめになるからか、お休みという優雅な店です。デパート等に全く出店していません。ここだけ。いつも上品なマダムっぽいお客さんであふれています。

 日経の記事によると、最近のバレンタインは、義理チョコより、女子同士の友チョコが増えているようです。女子は、こういうエリカのような、ここだけって店が好きそうだから、益々、繁盛するかもしれませんね♪

|

より以前の記事一覧